2016年夏にマンC移籍 リパプールの恩師クロップからも誘いを受けていたが…

 かつてドルトムントで活躍したマンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン。リバプールのユルゲン・クロップ監督からも誘いを受けていたなかで、27歳の司令塔はドルトムント時代の恩師ではなく、ジョゼップ・グアルディオラ監督の存在が移籍の決め手になったと明かした。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 ギュンドアンはクロップ監督体制のドルトムントで主力選手に成長。MF香川真司とも抜群の連携を誇った。2016年夏、マンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグのビッグクラブから関心を寄せられていたなかで、グアルディオラ監督が就任したシティへの移籍が決まった。

 その際、恩師であるクロップ監督からも誘いを受けていたが、敢えてその誘いを断ってマンチェスター行きを決断したという。

「ユルゲンとも話したが、それは別のことだ。彼は常に選手として僕のことを気に入ってくれていた。彼が獲得を試みていなかったと言えば嘘になる。でも、僕はシティに加入し、ペップと仕事をする機会を得た。それで僕がここに来たいという思いが明確になった。僕は怪我のことで少し落ち込んでいたんだけど、それでも(グアルディオラが)僕のことを獲得したいと本気で思ってくれていた。それは僕がこのクラブに来るということが間違ってないということの証明だった」

 

「二人とも素晴らしい監督。僕はラッキー」

 記事でギュンドアンは、このように語っている。シティ移籍当時は膝の負傷を抱え、ポルトガルで行われた欧州選手権の欠場を余儀なくされるというアクシデントに見舞われた。2016-17シーズンも序盤戦は欠場することが確実という状況で、それでも獲得に熱心だったグアルディオラ監督の情熱に突き動かされたという。

 ギュンドアンはグアルディオラ監督とクロップ監督を指し、「二人とも素晴らしい監督で、素晴らしいキャラクターと野心がある。僕はラッキーだった」とコメント。素晴らしい監督に恵まれたと、これまでのキャリアを振り返った。

 現地時間14日、プレミアリーグ第23節ではリバプールとマンチェスター・シティが対戦。ギュンドアンはシティ移籍後、まだ一度もクロップ監督率いるリバプールとの試合に出場していない。敵地アンフィールドでの大一番で、恩師との初対決は実現するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

フットボールゾーンウェブ