シャープは、カラー電子辞書「Brainブレーン)」4機種を2018年1月18日から順次発売する。

中学生からビジネスマンまで

調べるだけでなく学習ツールとしても使いやすいよう「調べる」と「学習」、すぐに切り替えられる2つのホーム画面を搭載する。新学習導要領や大学入試革により「聞く」「話す」「読む」「書く」4技英語が重視されるのに対応し、総合的な英語学習に役立つ機コンテンツを拡充したという。

また大学受験民間事業者の資格・検定試験を活用するという文部科学省針により注される「英検」対策を強化し、過去問などの学習コンテンツのほか「英検ガイド」を搭載。自分に合った標や級ごとの傾向を把握した上で学習できる。

「学習進捗管理機」を新搭載。英単を暗記するための標設定や進捗確認が簡単に行え、駿台「システム英単訂新版」などの単コンテンツ、調べると自動的に単帳ができる「自動英単帳」など、学習をさらに効果的に進められる機を備える。

5.5WVGA+(85480ドットカラー液晶ディスプレイを搭載。従来モデルべ約20向上したという120時間の使用が可リチウムイオン充電池を内蔵。付属のACアダプターに加え販のモバイルバッテリーも使用できる。タッチペンmicroUSBケーブルなどが付属する。

ラインアップは、英語を高め試験対策にも役立つコンテンツを収録する「高校生向け PW-SH5」、高度な英語表現を磨き、就職活動ビジネスの知識を学べる「大学生ビジネス PW-SB5」、小学校高学年から高校入試まで使えるコンテンツを収録した「中学生向け PW-SJ5」(2月8日発売)、暮らしに役立つ知識や趣味を深める合計100コンテンツを収録する「生活・教養 PW-SA5」(同)の4機種。

いずれも価格はオープン<J-CASTトレンド>

最新の学習指導要領や受験対策に対応