米ホテル大手のマリオット・インターナショナルやスペインの衣料品メーカー「ZARA」など複数の欧米企業が自社のインターネットサイトでチベットや台湾を「国」と表現していたとして中国当局の調査を受け、謝罪に追い込まれる事態になっている。ネットでは「独立運動に加担している」との抗議が殺到した。