宮崎駿監督最新短編アニメーション「毛虫のボロ」が、三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で、3月21日から上映されることが決定した。

映画は、宮崎監督がCG作品に初挑戦し、長年あたためてきた“虫の目から見た世界”を描いたオリジナル作品。卵からかえったばかりの毛虫・ボロの冒険物語を、14分20秒間で紡ぐ。同美術館のみで上映される。

三鷹の森ジブリ美術館への入場は、日時指定の予約制。3月分のチケットは、2月10日から全国のローソンで販売。

長年あたためてきた企画が実現 (C)2018 Studio Ghibli