【草なぎ剛/モデルプレス=1月13日】草なぎ剛がTwitter上で使用している「ガビチョス」という謎の単語がここ数日、話題を呼んでいる。

草なぎ剛、付き合いたい女性芸能人を告白

◆草なぎ剛のガビチョスとは

草なぎは11日、お気に入りのブーツの片方にオイルを垂らしてしまったことを報告した際に「ガビチョス!」とツイート。文面的に悲しみや衝撃を表現するために用いたものと思われる。

実は遡ること昨年11月19日、調理していた肉を焦がしてしまったことを稲垣吾郎に報告した際にも「ガビチョス」は使用されていた。

そしてきょう(13日)、「二日間。ベビーパウダーのせてました!チョー微妙!ガビチョス!」とブーツのシミが落ちないことをつづり、再び「ガビチョス」が登場。

稲垣や香取慎吾も草なぎに感化され「ガビチョス」を使用し始め、香取は「でガビチョスって何?」と核心に迫っている。

ファンの間では「ガビーンをつよぽん的に言うとこうなるのかな?」「ピンチョス的な?」「ガビーン&ガチョーンじゃないかな」「ガビチョス気になって仕方ない」「ガビチョス知ってる人はNAKAMA」などと話題を呼んでいる。

◆草なぎ語録

以下、最近注目を集めたその他の草なぎ語。

・冗談ハンバーグ

昨年10月、香取がMCを務める番組「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)にゲスト出演した際に使用。バーベキューのための食材が用意されていたなかったことを受け「冗談ハンバーグだよ!」と怒っていた。「冗談は半分にしろ」という意味のようで、2人が出演するレギュラーラジオ「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)では以前より度々登場していた。

・巻き込みリップ

Twitter上で関係ないアカウントを巻き込んでリプライすることを通常は「巻き込みリプ」と言うが、草なぎは間違えて「慎吾ちゃんを巻き込みリップしちゃいました」と使用し、一時は稲垣や香取も使用していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
草なぎ剛(C)モデルプレス