■「〜幻影は映画に乗って旅をする〜」

『スリー・ビルボード』

(C)2017 Twentieth Century Fox

最も重要な前戦であるゴールデングローブ賞の結果が出て、どうやら今年はフォックス・サーチライト作品2作『スリー・ビルボード』と『シェイプ・オブウォーター』の一騎打ちとなる様相が強くなり始めたアカデミー賞戦線。

そんな中、実は先週ひっそりとゴールデングローブ賞よりもアカデミー賞に直結すると言われている賞の補作が発表されたのである。

それは、ハリウッド映画テレビなどでプロデューサーを務める5000人弱で組織されたPGAアメリカ製作者組合)の賞。作品賞が5作品以上に拡大されて以降、その密接な関係は高まり、昨年のアカデミー賞作品賞ノミネート作はすべてこの賞の補作品から出ていたのである。

いよいよ現地時間23日に発表されるアカデミー賞のノミネートの前に、このアメリカ製作者組合賞の近年を振り返り、今年の作品賞レース占ってみたい。

<〜幻影は映画に乗ってをする〜特別篇:アカデミー賞作品はここからやってくる!製作者組合賞から作品賞補を徹底予想>

まずは今年の製作者組合賞の補作は以下の通り。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなるざめ』
『君の名前でを呼んで』
ダンケルク
ゲットアウト
『I,Tonya』
レディバード』
モリーズ・ゲーム
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
『シェイプ・オブウォーター』
『スリー・ビルボード』
ワンダーウーマン

これまでの賞レースで勝ち進んできた作品が立つ中で、突如として姿を現した『モリーズ・ゲーム』と『ワンダーウーマン』の異質さが立つラインナップとなった。

前者は『ソーシャル・ネットワーク』の脚本家アーロン・ソーキン監督作で、演には毎年賞レースでの活躍が期待されているジェシカ・チャスティン。必然的に開前から高い注を集めていた作品だ。

モリーズ・ゲーム

© 2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

対して『ワンダーウーマン』は記録的なメガヒットを記録して、監督のパディ・ジェンキンスと、演のガル・ギャドットの躍進が期待されることになった作品。もちろん、このようなアメコミ作品というのは、長きにわたってアカデミー賞の場では冷遇されてきたのである。

ワンダーウーマン

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『スリー・ビルボード』や『シェイプ・オブウォーター』といった女性主人公の作品が有視される一方で、ゴールデングローブ賞では『レディバード』のグレタ・ガーウィグが監督補に挙がらなかったことが大きな問題になったことも記憶に新しいだけに、事の発端でもあるハーヴェイワインスタインも参加していた製作者組合側としては、女性の活躍する作品を多く選んだという事実を作ろうとしているのではないかと考えられる。

『シェイプ・オブウォーター』

(C)2017 Twentieth Century Fox

,

とはいえ、女性監督ディー・リースの『マッドバウンド 哀しき友情』や、女性監督として一のアカデミー賞受賞経験者であるキャスリンビグローの『デトロイト』、またアンジェリーナ・ジョリー監督作の『最初にが殺された』など、他にも有作がある中で、何故女性主人公なだけの『モリーズ・ゲーム』がチョイスされたのかには疑問が残るところだ。

閑話休題、その2本はこれまでの前戦の結果から推察するに、アカデミー賞補入りの可性は他の9作よりも低い。では、残りの9作品はどうなのだろうか。

まず前提として、アカデミー賞作品賞補は、5作品から10作品の間で随時変わる。第84回からこの制度に変わり(その前2年間は10作品固定だった)、毎年8作品か9作品が補入りを果たしているのである。

そんな中、昨年を除いて毎年この製作者組合賞に補入りを果たせなかった作品が1作品は滑り込み、アカデミー賞ノミネートを獲得しているのも見逃してはいけない。

過去8年で9作品。傾向としては「インディペンデント作品」もしくは「アカデミー賞に好かれている監督の作品」といったところだろうか。前者は『ルーム』や『あなたを抱きしめる日まで』、『ウィンターズ・ボーン』。後者では『アムール』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』、『ツリー・オブライフ』、そして『シリアスマン』。

どちらにも該当しないのは『グローリー 明日への行進』と『しあわせの隠れ場所』で、いずれも題材自体がアカデミー賞会員から好まれるタイプの作品であったのだ。

では今年、製作者組合から補漏れをしてしまった作品でこれらに該当する作品があるか。まずは「インディペンデント作品」のとしては、ショーン・ベイカーの『The Florida Project』を置いて他にはない。

そして後者ではポールトーマスアンダーソンの『ファントムスレッド』が有ではあるが、評価の高かった近作でも補漏れしているアンダーソンだけに、一枚劣る。引退を宣言しているダニエル・デイ=ルイスへの支持の後押しが、作品にもけば形勢は逆転することだろう。

また、題材的にヴィヴィッドに取り扱われる可性があるとすれば人種問題を描いた『マッドバウンド 哀しき友情』か、もしくは男性至上義を打ち破った実話『Battle of the Sexes』あたりか。

もっぱら作品賞レースリードをつづけている作品、ゴールデングローブ賞でも注を集めていた作品はノミネートの可性が高い。判断が難しいところは脚本賞に票が集中する『ビッグ・シック ぼくたちの大いなるざめ』と演技部門に票が集中する『I,Tonya』の2作品だろう。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなるざめ』

(c)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

それ以外の7作品はほぼ確実にアカデミー賞へと駒を進めることができると、過去の傾向からは判断できる。残りの1から3を、それ以外の8作品で争い、さらなる戦となるだろう。

(文:久保田)