ドルトムント時代に香川、シャヒン、ゲッツェ、レバンドフスキらを引き抜かれる

 リバプールは司令塔のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、フットボール史上歴代2位となる移籍金1億6000万ユーロ(約218億円)でバルセロナに放出した。しかし、チームを率いるユルゲン・クロップ監督は「ドルトムントでたくさん引き抜かれた。選手一人なら問題ない」と“コウチーニョ・ロス”を否定した。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

 10番を背負い、攻撃を牽引してきたコウチーニョの退団はリバプールファンにとってもショッキングな出来事となったが、かつてドルトムントで辛酸を嘗めた名将は動じなかった。

「ドルトムントではたくさんの選手を引き抜かれた。選手一人なら決して問題にならない。ビジネスの世界では普通のことだ。選手を失えば、獲得する。クラブの雰囲気の問題だ。過去にもあったことだから、慣れている。それで雰囲気が悪くなることはない。それが私の流儀だ」

 2015年まで所属したドルトムントで、名将はエース格を失い続けた。記事では、「クロップは鍵となる男たちを失う経験を数多くしてきた。ヌリ・シャヒン、シンジ・カガワ、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レバンドフスキは彼のジグナル・イドゥナ・パルクの在任時に移籍した」と回顧している。

 

過去にはスアレスやスターリングが流出

 もっとも、いくら主力を奪われても、クロップ監督は決して前進を止めなかった。「私はフィル(コウチーニョ)を好きだった。彼の態度は常に最高のものだった。(ドルトムントとリバプール)どちらの比較もできないけれど、状況に対処するしかないんだよ。スターリングやスアレスの時のように、ね」とクロップ監督は語った。

 リバプールは2014年にウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナに、翌年にはイングランド代表FWラヒーム・スターリングがマンチェスター・シティに移籍。クロップ監督は相次ぐ主力の流出にも毅然とした態度を貫いている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

フットボールゾーンウェブ