Appleは2017年の1年間、世界でMacを約2,000万台出荷し、年間シェアで5位から4位に上昇した、とのデータを市場調査会社のIDCが公開しました。2017年は、Macに関する話題の多い1年でもありました。

Macの出荷台数シェアは7.6%で4位

IDCが発表した、2017年の全世界でのパソコン出荷台数は約2億5,953万台で、シェアトップはHPの22.7%、僅差でLenovoの21.1%が続きました。
 
IDC 2017 PC出荷台数
 
Appleは1,966万台を出荷し、出荷台数は2016年より5.9%の伸びを記録しています。2017年のシェアは7.6%で、出荷台数を10.6%減らしたASUSを抜いて4位となっています。
 
Appleは、2017年で6年連続して出荷台数を伸ばし続けています。調査会社のGartnerはこれを、世界のパソコン市場が縮小傾向にある中で特筆すべきことだ、と記しています。
 
なお、詳細なMacの出荷台数は、現地時間2月1日に発表される四半期決算発表の際に明らかとなります。

Macが注目を集めた2017年

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は2016年末、「素晴らしいデスクトップが登場する」と予告したように、2017年はMacが注目を集めた年となりました。
 
6月に開催されたWWDC 17では、iMac、MacBook、MacBook Pro、MacBook Airの性能を引き上げるリフレッシュを行なったほか、ハイスペックデスクトップのiMac Proを発表(発売は12月)しています。
 
imac pro
 
このほか、Appleは4月にごく少数のジャーナリストを本社に招き、プロ向けの最上位モデルであるMac Proを刷新する計画などを明かしているほか、iMac Proの発表の際にもさりげなく言及しています
 
クックCEOは、ユーザーに「Mac miniはこれからも重要な製品」と語り、3年間以上アップデートされていないMac miniも、リフレッシュの計画があることを明かしています。

 
 
Source:IDC, MacRumors
(hato)

Macが注目集めた2017年、Appleは約2,000万台のMacを出荷