政府は、民間企業などがサイバー攻撃を受けた際、被害の深刻度や対応策などの情報を官民で共有する新しい組織を設立する方針を固めた。事務局を内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に置き、民間企業が被害情報を提供しやすいよう、匿名性を確保する仕組みを検討する。