東京オートサロン2018のトーヨータイヤブースに降臨した、ドリフト界のカリスマであるケン・ブロック「Hoonicorn RTR Version2」。

彼は以前お台場デモランをしたことがありますが、その時のマシンフォード・フィエスタでした。

今回展示されていたのは1965年式のマスタングベースにしたマシンで、日本開。手なチューンカーだけど細部にわたって美しい仕上がりなのはさすがですね。

詳細画像はこちら

1400を絞り出すエンジンはなんとNASCAR用の6.7L V8ベースツインターボ化。以前は850だったのを、パイクスピークという山を登るヒルクライムにあわせてパワーアップして「Version2」へ進化したんですよね。

それにしても1400って……狂っているにもほどがあるぜ!(笑)

詳細画像はこちら

駆動方式は4WD。もちろん1965年式のマスタング4WDなんてあるはずがなく、大改造を受けています。見たベースクラシックマスタングだけど、エンジンも駆動系も最新のメカニズムというわけ。

詳細画像はこちら

というわけで、そんな「Hoonicorn RTR Version2」の写真をご覧あれ!
それにしてもカッコいい!

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【写真が見られない場合はコチラへ】

工藤

【東京オートサロン2018】1965年式だけどなんと1400㎰のマスタング。そんなケン・ブロックの愛車を写真で紹介!(http://clicccar.com/2018/01/14/549820/)