1月11日~14日に渡り、英バーミンガムで開催中のオートスポーツ・インターナショナル・ショーで、トヨタ自動車が2018年仕様の「ヤリスWRC」を公開しました。

詳細画像はこちら

モータースポーツ・シーズンの幕開けを告げるイベントとして親しまれている同ショーの初日、「WRC」(FIA世界ラリー選手権)を競うチームが一堂に会するなか、「GAZOO Racing WRT(World Rally Team)」が昨シーズンの戦いで得たノウハウを元に改良を加えた最新版の「ヤリスWRC」を披露。

今回、フロント周りの空力を向上させるべく、フロントバンパーとフェンダーを改良。ダウンフォースが更に高められており、冷却系にも改良が施されています。チームは現在、1月25日(木)~28日(日)に行われるラリー・モンテカルロに向け、改良版の「ヤリスWRC」でテストを重ね、最終準備を行っている状況。

チーム代表のトミ・マキネン氏は、昨年のライバルとの戦いを通じて、改善すべき点がまだまだあると感じたそうで、「もっといいクルマづくり」への挑戦は、参戦2年目となる今シーズンも続くことになるようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

トヨタ・GAZOO Racingが2018年仕様の「ヤリスWRC」を公開!(http://clicccar.com/2018/01/14/549730/)