13日深夜に放送された『有吉反会』(日本テレビ系)で、数々の人気番組で活躍したタレント加藤紀子(44)が登場。

会の有吉弘行(43)は加藤を「多くの大物タレントを手玉に取った『オヤジ転がし』」と表現。さらに現在まで続く「オヤジ転がし」の系譜をり、視聴者から共感のが上がっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■加藤が転がした大物は…

有吉が「オヤジ転がしと言えば加藤さん」と話を振ると、加藤は「適当なこと言うのやめて」と呆れ顔。

「安めぐみさんに対して『オヤジ転がしと言えば、当時の加藤紀子くらいのパワー持ってる』と(言っていた)。自分を検索すると必ずそれが出てくるけど、一度も転がしてない」と、必死に否定する。

この発言に対し「板東英二島田紳助タモリ明石家さんま全員転がしていた」と有吉は反論。最終的に「板東さんは勝手に転がった」と加藤が有吉の意見を受け入れる形となった。

■三大オヤジ転がし

アシズ・大久保佳代子(46)も「大玉ばっかり転がしやがって」とツッコむ中、ヒートアップした有吉は止まらない。

加藤紀子、安めぐみ小島瑠璃子こじるり)と綿々と続いている」、三大オヤジ転がしを発表。現在ヒロミが「『小島天才だよ』と評していた」ことを明かし、「転がされてる」と嘆いた。

■視聴者は共感

有吉が明かした「三大オヤジ転がし」に視聴者は共感しているようだ。

特に現役の小島は、オヤジだけでなく「男を惑わす小悪魔」キャラが浸透しつつあるだけに、納得の選出と言えるのかもしれない。

■60代は「小悪魔女子と付き合いたい」

しらべぇ編集部で全2060代の男性672名に調したところ、37.6%男性が「小悪魔女子と付き合ってみたい」と回答。年齢別では、60代のみ過半数が「小悪魔女子」をめていることが判明した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

歳を重ねると若い女性のワガママや気まぐれに寛容になるのだろうか。男を振り回す「小悪魔女子」に転がされたい男性は少なくないようだ。

「実」も当然あるのだろうが、多くの大物人から高い評価を受けている小島加藤から脈々と続く芸界の「オヤジ転がし」の称号に相応しい活躍を、今後も期待したい。

・合わせて読みたい→「最悪、ロケじゃん」有吉驚愕 「民泊、家業体験の修学旅行」増加に賛否

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ イラストミキシマ

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年9月29日2017年10月2日
:全20代60代の男性672名(有効回答数)

有吉弘行が明かす「三大オヤジ転がし」タレントが的確すぎて視聴者共感