いくつになっても、好きな人には振り向いてもらいたいもの。

恋を成就させるにはアプローチが不可欠ですが、あまり必死になりすぎると思わぬところで男性に引かれるので注意したいですね。

OKとNGの境目は、「余裕があるかどうか」。

相手の気持ちを忘れない恋心のアピールが、スムーズな関係の発展につながります。

LINEなど連絡の頻度が高い

「仕事中までLINEが届き、返信する時間がないので既読スルーしていたらまたメッセージが。仕事してるの?と思うし、さすがにうんざりする……」(28歳/男性)

LINEやメールは、手軽にメッセージを送れる反面、一方通行な連絡になりがちです。仕事中までLINEを送られても、返信はできないのが普通。そこにまた新しい通知が届いたりするのは、男性にとって大きなプレッシャーを感じます。

「返信はいつでもいいから」と既読スルーを気にしない女性もいますが、それはあくまで自分の都合です。送られた側はメッセージを読む手間もあるし、タイミングを逃せばどんどん返信が億劫になります。

また、仕事中までLINEやメールを頻繁に送っていると、「真面目に仕事してるの?」と働く姿勢を疑われます。男性のやる気まで削いでしまわないよう、勤務中と思われる時間は連絡は控えるのがベターです。

休日の予定を知りたがる

「週末になると決まって予定を聞かれるのが面倒くさい。下手に話すと『私も一緒に行きたい』とか言われそうだし、最近は適当にごまかすことが増えた」(30歳/男性)

好きな人が休日をどう過ごすか、気になる気持ちはわかります。ですが、いつも尋ねられるのは、男性にとって行動を把握されるような窮屈さを覚えるものです。

「予定を知ってどうするの?」と警戒されてしまうと、話してもらえないばかりかプライベートな情報をシャットダウンされる恐れもあります。

また、何をしているかわかっても、しつこくLINEしたり電話をかけたりすることは控えましょう。相手のプライベートを尊重できない姿勢は、彼女にしたくない理由になることも。

休日はひとりでゆっくり過ごしたいと思う男性もいます。過剰な詮索は敬遠される原因になると思いましょう。

休み明けに「日曜日は○○に行っていたんだけど、あなたは?」と軽く質問するくらいが、男性も気軽に返せるのでおすすめです。

尽くしたいオーラが満載

「いつもコンビニ弁当なんだって言ったら、いきなり次の日に手作りのお弁当を渡されたことがあって困りました。そこまでされても……」(27歳/男性)

例えば、片思いの相手が風邪で寝込んでいると聞いたとき、薬やご飯の心配をするのは当然ですよね。ですが、相手の気持ちを確認せずにいきなり部屋を訪ねても、来られたほうはまず戸惑います。

過剰に尽くそうとする姿は、「押し付けがましさ」を感じさせるときもあるので要注意。特に、距離感を無視した行動は男性の腰が引けてしまいます。

心配であっても「大丈夫?要るものがあったら言ってね」くらいに留めるほうが、男性にとっても気楽な気遣い。いきなり差し入れを持って登場するのは、相手に不要なプレッシャーを与えてしまいます。

いつもコンビニ弁当で、という話題なら、まずは「手作り弁当が恋しくならない?」など軽いジャブが有効です。「作ってくれる?」という流れになるのが理想ですね。

過去の恋愛をしつこく知りたがる

「昔付き合った彼女の話を根掘り葉掘り訊かれてうんざりしたことがある。それってプライバシーの侵害じゃないの?」(32歳/男性)

好きな人の過去の恋愛って、やっぱり気になりますよね。どんな女性と付き合っていたのか、できれば知りたいと思うもの。

軽く尋ねるのは大丈夫かもしれませんが、男性の口が重たい場合は追求するのは止めましょう。しつこいと「デリカシーのない人だな」と嫌悪感を持たれる恐れがあります。

過去の恋愛は、誰にとっても繊細な思い出です。気軽に口にできないのは、それだけ男性が恋愛を大切に考えている証拠。まずは「話しても良い」と思われる相手になることを目指したいですね。

昔が気になっても、今のふたりのつながりを大切にする姿勢を見せるほうが、男性は前向きな気持ちで恋愛を考えられます。

「家庭的アピール」が多い

「やたらと『料理が上手い』『家事は完璧』とか自分のことを話してくる女性って、必死だなと思う。そこしかアピールできるものがないってこと?」(27歳/男性)

「家庭的な自分」をあえて持ち出す姿には、「いかに良い女か」を押し付ける気持ちが透けて見えます。それが男性に引かれる原因です。

確かに料理の腕前が良かったり掃除が上手だったりすることはアピールポイントの1つですが、それだけで彼女にするという男性は稀です。それ以前に男性が見ているのは、性格や人間性。そこにプラスされて初めて価値がある、と心得ましょう。

家庭的な自分を知って欲しいと思うときは、さり気なさがあると嫌味を感じさせません。お昼休みに手作りのクッキーを皆に配るなど、受け止めやすい配慮があると好感度がアップしますね。

「私をもっと知って!」とアピールし過ぎるのはNG!なんでもほどほどに!

気に入られたい、好かれたいという気持ちが強すぎると、行動に余裕がなくなります。「必死感」が伝わると、男性も気軽に近づけないものです。

相手も自分も楽しい気持ちでコミュニケーションを重ねるためには、リラックスすることが大切。焦って一足飛びに距離を縮めることを考えるより、相手が笑顔になるような関わり方を工夫したいですね。

関連画像