大学入試センター試験では、初日の13日に実施された地理Bで、世界的なキャラクター「ムーミン」が登場した。これに対してインターネット上で、解けなかった受験生の恨み節とも思われる投稿が相次ぐなど、反響を呼んでいる。

 問題は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの童話をアニメ化し、日本のテレビで放映された作品を示し、フィンランドに関する作品と言語の組み合わせを選ばせた。ムーミンのほか、「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキングビッケ」も掲載された。

 この問題に関し、ムーミンの著作権者の委託を受けた会社が運営する「ムーミン公式サイト」のツイッター向けに「お陰で、1問ダメだわ」「間違えたじゃねーか!」といったコメントが並んだ。「ムーミンは悪くない」などファンの反論も投稿された。

 公式サイトは「まだまだ知られてないんだな、と反省、もっと知ってもらえるようがんばります!」「これを機にムーミンの世界を知ってもらえるとうれしいな」などとコメントした。

 また、駐日フィンランド大使館もツイッターで、「ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンはフィンランド人なので、大使館も今後周知に努めます」と表明。受験生に「これを間違えても人生はまだこれから。応援してるよ!」と激励した。 

〔写真説明〕大学入試センター試験地理Bの問題に登場した「ムーミン」などのアニメ作品

大学入試センター試験地理Bの問題に登場した「ムーミン」などのアニメ作品