希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は14日、東京都内で会談し、22日召集の通常国会に向け、衆参両院での統一会派を結成することで大筋合意した。15日に幹事長・国対委員長会談を行い、正式に合意する。だが、基本政策の違いから双方に異論が残っており、調整が難航する可能性がある。