雨の日にどうしても濡れて汚れてしまう靴を守るためのフットレインウェア「Rain Socks」がクラウドファンディングサイトKickstarterで人気を集めています。靴の上からはく靴下という発想が素晴らしい。

【動画】Rain Socksを使っているところ

 「Rain Socks」は、伸縮性のあるゴム製の少し大きな靴下といった見た目のアイテムで、靴の上からはくことでお気に入りの靴を雨や水たまりから守ってくれます。開発したのはクリエイティブ集団ニューピースが展開するモビリティ特化型プロダクトブランド「ONFAdd」。

 出かける前から雨が降っていればレインブーツやレインシューズを迷わず履くことができますが、外出先での突然の雨にはあまり術がなく、傘を差しても気付いたら靴がビタビタに濡れてしまう……という事態を簡単かつシンプルな方法で防ぐことができます。

 薄いため装着しても元の靴がブラックカラーになるだけでゴツくなく、それでいてソール部分にはラテックスを施した天然ゴム素材を使用しているため耐久性にも優れています。また降るかどうかわからないときにお守りとして気軽に持ち歩けるスリムさもポイントです。

 このアイデアには日本国外からも称賛の声が寄せられていて、「靴のための優雅な靴下」「日本の発明」というコメントも。また目標金額である113万円をわずか2週間で達成したことからもその人気がうかがえます。

 「Rain Socks」1組は1130円以上の支援で手に入れることができ、将来一般発売予定の価格より割引された価格で購入可能です。いずれも数量限定なので、気になった方は早めのチェックをオススメします。

Rain Socks