欧州選手権開幕前、合わせて12勝の2人が「あるサプライズ」で登場&競演実現

 フィギュアスケートのヨーロッパ選手権は17日に幕を開けるが、優勝候補のハビエル・フェルナンデス(スペイン)とトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の「サプライズ2ショット」が大会前に実現。「LaLiga4Sports」が公式ツイッターで公開している。

 決戦を前に、ヨーロッパを代表する新旧スターの競演が実現した。

 フェルナンデスとプルシェンコ。2人はサッカーのスペインリーグ「リーガ・エスパニョーラ」が他競技を支援するプロジェクト「LaLiga4Sports」の会見で登場し、公式ツイッターは豪華な2ショットを公開している。

 サッカー母体のイベントらしく黄と黒のサッカーボールを持った2人。椅子に座り、身を寄せ合ってカメラ目線で収まっている。さらに、会見の様子とともにフェルナンデスがリンクの上で華麗なリフティングを披露する貴重なシーンも公開されている。

 投稿では、フェルナンデスが大会に出場することを紹介した上で「その前に、我々はあるサプライズを用意しました」と紹介している。

欧州選手権、フェルナンデス5勝&プルシェンコ7勝の新旧スター

 フェルナンデスは13年から欧州選手権を5連覇中。トリノ五輪金メダリストのプルシェンコも12年まで7度制覇しているヨーロッパの英雄だ。2人で計12度Vのスターの競演は、なんとも豪華だ。

 投稿によると、フェルナンデスは「僕はもう一度タイトルを獲得できると考えているし、新たな歴史を作っていきたいと願っている」などとプルシェンコに迫る6度目の優勝へ向け、意気込んだという。

 大会前に実現した「ロシアの皇帝」との競演から力をもらい、メダル候補に挙がる平昌五輪前の大舞台で力を発揮できるのか。大きな注目となりそうだ。(THE ANSWER編集部)

ハビエル・フェルナンデス、エフゲニー・プルシェンコ【写真:Getty Images】