九州大学国立極地研究所、国立科学博物館文学研究資料館、総合研究大学院大学は、2017年12月28日に、東京都八王子市に落ちた「八王子隕石」と見られる隕石の分析を初めて行ったことを発表した。

ネット上では「八王子隕石」という名前を初めて聞く人が多いようで、「八王子隕石なんてあったんだ」といったが上がっている。


八王子隕石」かどうかの断定はできなかったものの...

もともとは、1817年12月29日現在東京都八王子市中心部に大量に落下した隕石を「八王子隕石」と呼ぶという。これについては、当時の日記などの史料にも言及されていたというが、隕石のほとんどは現在に至るまでに散逸してしまったという。

その後、1950年代になると京都で、「八王子隕石」について記載されたとともに約0.1g隕石の小片を発見。ただ、同じ包みの中に1866年に落下した隕石である「曽根隕石」について書かれたも入っていたため、小片はどちらなのか判別が出来なかった。

今回の分析を通しても、「八王子隕石」なのかどうかの断定はできなかったと発表。また、「曽根隕石」と「八王子隕石」が同じタイプ隕石であることも否定できないという。

ただ、「八王子隕石」は数多く降り注いだとされることから、八王子市内の旧などに残っている可性もあるとして、今後もその発見と分析を進めていくとしている。

ネット上では、「八王子隕石」という名前を初めて聞くひとが多いようだ。

八王子に18年いたが八王子隕石などというのは聞いたことがない
- zm (@zmok3104) 2017年12月29日
八王子隕石なんてあったんだ、どのあたりに落ちたのだろう?>RT
- jjwander (@jjwander) 2017年12月29日
八王子隕石なんてあったんだ。その辺に落ちてないか探しに行くか~
- akaidangan (@REDS_bullet) 2017年12月30日
八王子隕石ってきちょっとワクワクする。
- (@_vague_blue_) 2018年1月10日
八王子隕石これ結構落ちてたんですね...
- もーす (@mosu107) 2018年1月10日
これが、八王子隕石なのか...?(画像は九州大学のプレスリリースより)