ゴール欠乏症に悩む王者 チームトップにC・ロナウドら4人が4得点で並ぶ惨状

 レアル・マドリードは現地時間13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節ビジャレアル戦に0-1で敗れ、リーグ連覇がさらに遠のいた。地元メディアは様々な度から今季の不調を嘆いているが、贔屓として知られる「マルカ」は、各クラブの「チーム得点王」に着レアルは現時点で”ブービー賞”だとしている。

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦、レアルは計28本ものシュートを放ちながらも得点に終わり、ビジャレアルカウンター一発に沈んだ。批判の矛先は決定機を活かせなかったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら攻撃に向けられている。

 同摘しているのはリーガ得点王、いわゆる「ピチーチ」争いにおいてもレアルの選手が振るわない点だ。現時点でのチーム得点王はロナウドウェールズ代表FWギャレス・ベイルスペイン代表MFマルコ・アセンシオとイスコの4人となっているが、その得点数はわずか「4」にとどまっている。

 チームで一番ゴールを挙げている選手が4点に満たないのは、リーガ1部全クラブにおいてもマラガの3点しかいないのだ。この状況について同は「得点ランキングトップメッシは16ゴールを取っているのに…」と皮っている。

 レアルと言えば爛な攻撃ゴールを量産するイメージだが、その得点が見当たらない状況となっている。ジネディーヌ・ジダン監督は、ゴール欠乏症に悩むチームの立て直しを図ることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ