マルカ読者アンケートを実施 「失望のイレブン」にレアルが最多4人選出

 スペインリーガ・エスパニョーラは前半戦を終えて、バルセロナが16勝3分の勝ち点51敗で首位を快走中。2位アトレチコ・マドリードと勝ち点9差、1試合消化の少ない4位の宿敵レアル・マドリードとは勝ち点19差をつけている。レアル寄りの論調で知られる現地は、前半戦を読者アンケートで特集。ワーストイレブンには昨季王者レアルから、屈辱の最多4人選出となった。

 2017-18シーズン前半の「読者による失望のイレブン」は、レアルサポーターの怒りとフラストレーションが伝わってくる顔ぶれとなった。

 システムは4-3-3。GKリーグ最多の46失点を許している最下位ラス・パルマスのアルゼンチンGKレアンドロ・チチソラが順当な選出となったが、最終ラインは昨季王者が半数を締めた。

 右サイドバックレアル下部組織出身のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ。今季リーグ戦出場はわずか5試合。出場時間は426分で1ゴールを決めているが、スペイン代表DFダニエル・カルバハルの代役としてピッチに立った際の19歳のプレークオリティーの低さが批判を集めている。

 センターバックは最多失点のラス・パルマスのウルグアイ人DFマウリシオ・レモスビジャレアルポルトガル人DFルベンセメドが並んでいる。そして左サイドバックには、現在世界最高の攻撃と称賛されていたはずの名手、レアルブラジル代表DFマルセロの名前が挙がった。バルセロナとのエル・クラシコではFWリオネル・メッシ快に抜かれ、前節ビジャレアル戦では試合終了直前の相手のカウンターの場面でガス欠状態となり、決勝点を奪われた際にマークを外すなど、今季はらしからぬミスも散見している。

ジダン監督長男も不名誉な選出

 そして、中盤にはレアルの若き名将の息子が登場する。ジネディーヌ・ジダン監督長男で、レアル下部組織出身のフランスMFエンツォ・ジダン(アラベス)が選出。昨季レアルトップチームに所属し、今季はアラベスに3年契約で移籍したが、出場機会を確保できずにベンチ外の日々が続いた。そして在籍半年足らずで契約解除となり、スイス1部ローザンヌに移籍することが決定している。

 中央はバレンシアセルビア代表MFネマニャ・マキシビッチ、右はアトレチコのアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンとなっている。

 そして3トップは、レアルバルサの二大名門が独占する事態となった。

 右ウイングは昨季ACミランプレーし、今季レンタル先のエバートンから復帰したバルセロナスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ。たびたびボールを失う単騎突破プレースタイルバルサになじまないのか、ナポリインテルなどイタリアへの出戻り移籍の可性が浮上している。

 センターフォワードは、レアルの看3トップBBCトリオ」の中央を務める元フランス代表FWカリム・ベンゼマ。万ストライカーは今季決定機を何度も逃し、ここまでリーグ戦わずか2得点2アシストジダン監督の同胞ベンゼマへの揺るがぬ信頼は、サポーターの怒りを呼んでいる。

王者レアルへの失望感が漂う結果に…

 そして左ウイングレアルエースポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが不名誉な選出を果たした。1カ前に2017年バロンドールを受賞したばかりのゴールマシンだが、今季はリーグ戦14試合でわずか4得点。世界最高の年俸を手にするためにレアルとの契約延長をめているが、クラブ側は難色を示しているともスペインでは報じられている。

 昨季リーガUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成した王者レアルに対する、サポーターの大きな失望感がにじみ出るワーストイレブンの顔ぶれとなった。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

スペイン紙の読者投票で決定「リーガ前半戦ワースト11」 3トップはレアル&バルサ勢独占