2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日には22枚目のシングル「無意識の色」をリリースした。

【写真を見る】「制服を着てグラビアをやりたい」という菅原はその理由を明かす

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

最終回となる今回は、2016年3月の「チキンLINE」での初選抜以来となるシングル選抜復帰を果たしたチームEのドラフト2期生・菅原茉椰が登場。選抜復帰を果たした心境や、SKE48のユニット“ラブ・クレッシェンド”の楽曲などについて話を聞いた。

■ シングル選抜復帰に不安な気持ちも

――今作「無意識の色」で選抜復帰となりましたが、話を聞いたときはどういう心境だったのでしょうか?

まさか自分がまた選抜メンバーになれる日が来ると思っていなかったので、うれしかったです。その反面、私はAKB48の選抜総選挙でもランクインをしていなかったので、入っていないのによかったのかなという不安もありました。でも、たくさんの方が喜んでくれましたし、メンバーからもおめでとうって言ってもらえたので、今はとにかく楽しめたらいいなって思っています。

――MVの撮影はいかがでしたか?

SKE48の10周年をお祝いするパーティーがテーマで、本当に楽しい撮影でした。歴代シングルの衣装を着たんですけど、これまでは生写真撮影のときくらいしか着る機会がなかったので新鮮でしたし、MVで着るということでより特別な感じがしました。私は「ごめんね、SUMMER」の衣装を着たんですけど、「ごめんね、SUMMER」って選抜メンバーが7人の曲なんですよ。何というか“選ばれた感じ”がして、「え、いいんですか!?」って思いましたね(笑)。

■ 「負けていられないなって火が付きました」

――「無意識の色」の衣装にはこれまでのシングル曲をモチーフにしたワッペンが付けられていて、胸元の3つのワッペンは各メンバーが選んだということですが、菅原さんが選んだのは?

1つ目は私の初選抜の曲「チキンLINE」です。2つ目は「前のめり」で、この曲は研究生時代、なかなか何かに選ばれるということがなくて劇場公演のアンダー出演が多かったころに唯一、研究生公演のアンコールで自分のポジションを与えられた曲だったので、すごくうれしかったという思い出もありますし、この曲を聴いて頑張ろうと思ったこともあったので選びました。3つ目の「アイシテラブル!」は、あまり選んでいるメンバーがいなくて、デザインがかわいかったからです(笑)。

――「チキンLINE」で選抜メンバーに初めて選ばれて、次の「金の愛、銀の愛」では、残念ながら選抜メンバーから外れてしまったわけですが、そのときはどういう気持ちだったのでしょうか?

実力が足りなかったから落ちてしまったんだと思うんですけど、すごく悔しかったです。選抜を諦めていた時期もありました。でも、今回また選抜に選んでいただくまでの間に、いろんなお仕事をさせていただいてすごく充実していたので、「今与えてもらっているお仕事を頑張ろう」「もっと実力を付けてから選抜に入りたい」と思えるようになっていました。悔しさもあったんですけど、早く戻りたいというよりは、もっと実力を付けてから入りたいなって。

だけど、「意外にマンゴー」で小畑優奈ちゃんがセンターに立って、8期生の矢作有紀奈ちゃんが選抜に入ったときは、「やばいな」って焦りました。ラブ・クレッシェンドでも選抜に入れていなかったのは1人だけだったので、「これは負けていられないな」って火が付きましたね。結構負けず嫌いなんです(笑)。

――ラブ・クレッシェンドのお話が出ましたが、今回はラブ・クレッシェンドの楽曲「反射的スルー」がType Aのカップリングに収録されています。曲について教えていただけますか?

「コップの中の木漏れ日」とは違って、MVは格好良さを出しているものになっています。「コップの中の木漏れ日」はかわいさがあったり、ほっこりとした感じがするMVだったんですけど、今回はメークも衣装もアイドルというより、ファッション誌のモデルさんみたいな雰囲気になっているので、ファンの皆さんが今まで見たことのない表情とかも見せられるかなって思います。

■ 「コスプレになってしまう前にやりたいなって(笑)」

――2018年はSKE48の10周年イヤーになりますが、やりたいことはありますか?

ナゴヤドームのステージに立ってみたいですね。先輩たちが「ナゴヤドームの景色をもう1回見たい」って話しているのをよく聞くんですけど、7期生以降はそこからの景色を誰も見ていないので、これはもう見に行くしかないなって思います。

あと、いろんな地方でライブをたくさんしたいです。私はSKE48で唯一の東北出身メンバーなので、東北にSKE48を広められたらいいなって思います。

――ところで、菅原さんは普段から「制服を着てグラビアをやりたい」とアピールしていますが、そう思ったきっかけは何なんでしょうか?

SKE48の公式Twitterの企画とかで、他のメンバーのグラビアを見せていただくことが多いんですけど(笑)、制服を着てグラビアをやっている他のメンバーを見て、私もやりたいなって思うようになりました。

今高校生なんですけど、名古屋に来てから制服じゃなくて私服で学校に通っているんです。だから、制服を着たいという思いが強いですし、制服がコスプレになってしまう前にやりたいなって思います(笑)。

――あと、菅原さんは漫画がお好きだということですが、今ハマっている作品はありますか?

今は「花とゆめコミックス」ですね。作品というより、そのレーベルにはまっています。「花とゆめコミックス」はお姫様が出てきたりして、「絶対にこんなことないだろうな」っていう女の子の憧れが描かれている作品が多いんです。読んでいてキュンキュンしますし、絵の雰囲気も好きですね。

少年漫画も読むんですけど、「マギ」はずっと好きで最後までワクワクしながら読んでいましたし、最近は「約束のネバーランド」を読んで、久しぶりに漫画で泣いちゃいました。(ザテレビジョン)

SKE48の4週連続企画。最終回は菅原茉椰が登場!