前半戦総括企画として実施 敗で首位のバルサ勢が順当な大量選出

 今季のリーガ・エスパニョーラは、前半戦を終えて意外な展開となっている。バルセロナが16勝3分と敗のまま勝ち点51を積み重ねて首位を独走する一方、昨季王者のレアル・マドリードは4位。バルセロナよりも1試合消化が少ない状況だが、すでに勝ち点差19もの大差を許している。

 こうした状況のなか、レアル寄りの論調で知られるスペインマルカ」は読者アンケートを実施して前半戦を総括。「読者の夢のイレブン」とした前半戦のベストイレブンには、バルサから大量8選手が選出され、前半戦MVPも衝撃的な大差で天才が順当に選ばれている。

 とエンジのユニフォーム立つベストイレブンは、4-3-3の布GKバルサドイツ代表GKマルクアンドレ・テア・シュテーゲン。4バックは右サイドバックレアル・ソシエダスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラが食い込んだが、あとはバルサ勢が並ぶ。スペイン代表DFジェラール・ピケ、フランス代表DFサミュエル・ウムティティスペイン代表DFジョルディ・アルバが選出された。

 ピケとウムティティ鉄壁コンビを見せ、アルバアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのホットラインで多くのゴールを演出している。

 中盤は右からスペイン代表MFアンドレス・イニエスタスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツのバルサコンビに加え、バレンシアスペインMFダニエル・パレホが名を連ねている。

バレンシアの二人の奮闘も高く評価

 3トップは今季パリ・サンジェルマンから期限付き移籍でバレンシアに加入中のポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス、そしてバルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスメッシというメンバーになっている。

 今季敗で52得点9失点と隙を見せないバルサの一を崩した3位バレンシアのゲデスとパレホの前半戦の奮闘は高く評価されている。

 一方、前半戦MVP投票では19試合で17得点9アシストと万ぶりを見せるメッシ71.2パーセントの票を集め、圧倒的多数で選出。2位はゲデスの10.7パーセント、3位はテア・シュテーゲンの5.68パーセントと続いており、メッシの得票率の高さが際立っている。筋入りのレアル寄りで知られる「マルカだが、読者も今季のバルサの強さは認めざるを得ないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

レアル寄りのスペイン紙も白旗… 「リーガ前半戦ベスト11」の読者投票、バルサ勢8人占拠