不動産投資サイト「楽待」(公式サイトスクリーンショット)
クランクイン!

  とある不動産投資サイトのPRページが振り切れているとして、話題になっているようです。

【関連写真】レトロ感たっぷり、テレビ高知映像の公式サイトが鉛筆書きのようだと話題に

  突如出現したこちらのページ、「楽待」(らくまち)という不動産投資サイトの公式コンテンツなのですが、笑顔の男性が「あなたの年収は1,000万円以上ですか?」と問いかけてくるなど、見るからに怪しい雰囲気が漂っています……。

  ためしに「1,000万以上です」と「1,000万未満です」のそれぞれのアイコンにマウスカーソルを載せてみましょう。すると、男性の表情がこの上なく露骨に変化します。

  このアイコンをクリックすると別ページにジャンプするのですが、この飛んだ先のページがまたひどい。年収1,000万以上の場合はこれでもかと言わんばかりに持ち上げてくるのですが、1,000万未満だと「ほれ、ドッグフード。これ、食ったらすぐに帰ってよ?(中略)つまり、人生負け組のあなたには一切関係ないサイト、ということです」と散々な言われようです。

  実はこちらのページ、斬新な企業PRコンテンツを制作することでお馴染み「株式会社バーグハンバーグバーグ」がプロデュースした企画。同社は過去にも様々な面白コンテンツを制作しており、漫画家「地獄のミサワ」さんを輩出したネタサイト「オモコロ」(http://omocoro.jp/)の運営も手がけています。

  ちなみに今回モデルとなっている男性は、オモコロライターの「ヨッピー」さん。人気テキストサイト「オレイズム」の著者としても知られており、オモコロでは毎回体を張ったシモネタ満載の記事で読者を楽しませてくれています。

  相変わらずの独自路線を突っ走るバーグハンバーグバーグですが、同社が手がけたコンテンツは毎回Twitterを中心に拡散されており、ヘタにオシャレに作っただけのPRサイトよりも知名度アップに貢献していることは間違いありません。まさにソーシャル時代ならではのPR手法といえます。今後同社はどんなネタ企画を繰り出してくるのか……ネット異端児たちの暴走を、今後もゆるく見守っていきたいと思います。

  http://sp.rakumachi.jp/about/special/

(文:山田井ユウキ)
1980年生まれ。レビューサイト「カフェオレ・ライター」で、映画、漫画、ゲームなどを独自視点からレビューする他、マイナビニュース、builderなどでも記事を連載中。映画はハリウッド大作からB級ホラーまで好き嫌いせずに何でも見るが、真面目な内容であればあるほどつい茶化したくなるという困った癖を持つ。

全文を表示