ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・マレーシアの航空会社エアアジアの制服が過激?
・品位が無いと抗議する女性ジャーナリストが
・政府宛に手紙を送る

エアアジアのCA

マレーシアの国営航空会社エアアジアのCAの制服が過激すぎるとして政府にクレームの手紙を送ったことが18日わかった。

手紙を送ったのはマレーシアの女性ジャーナリスト、ロバートソンで、彼女は「女性乗務員の胸と下着が見える制服が国の品位が台無しだ」という内容の手紙を政府宛に送付。

昨年10月にはオークランドからクアラルンプールへ行くフライトプレミアムビジネスクラスに乗った際に、女性CAの胸元があいており、体を前に傾けるたびに胸の上部が露出したという。ロバートソンは胸元を閉めるように指示したという。

またロバートソンはマレーシア上院議員に送った手紙の中で「CAがかがんだ際に下着が見える。CAが履いているスカートが非常に短いのが不快だ」とも伝えた。

過去10年の間、1年に2回、マレーシアを訪問してきたロバートソンは、「マレーシアの女性が売春婦のような服を着ておらず、他人に礼儀をわきまえるは高く評価してきたが、女性乗務員の服装が、マレーシアの品位を下げている」と述べた。

一方、ロバートソンから手紙を受け取ったか上院議員も、「女性乗務員たちが『強い東洋価値(strong Eastern values)』を持つ、マレーシアを代表するユニフォームを着ている」と問題を提起した。

エアアジアのCA

エアアジアのCA

エアアジアのCA

手紙