リーガ・エスパニョーラ第20節が21日に行われ、ベティスとバルセロナが対戦した。

 17日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝ファーストレグで、エスパニョールに0-1と敗れたバルセロナ。昨年8月のスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)以来となる黒星を喫し、中3日でアウェイゲームに臨んだ。

 ジェラール・ピケやイヴァン・ラキティッチ、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスといった面々が先発メンバーに名を連ねたバルセロナは前半、均衡を破ることができない。43分にはトーマス・ヴェルマーレンが負傷交代のアクシデント。サミュエル・ユムティティがピッチへ送り出された。

 スコアが動いたのは59分だった。スルーパスに反応して最終ラインの背後へ抜け出したラキティッチがペナルティーエリア左側へ入り、相手GKとの1対1を冷静に制して左足シュートを決めた。

 敵地で均衡を破ったバルセロナは5分後、敵陣中央でセルヒオ・ブスケツがボールを奪い、すぐさまスルーパスを通す。前線で待っていたメッシがトラップで反転し、ペナルティーエリア内に入って左足シュートを決めた。

 バルセロナの勢いは止まらない。69分にはペナルティーエリア右側でボールを持ったラキティッチのクロスからスアレスがボレーで合わせてゴールネットを揺らすと、80分にはメッシが圧巻のドリブルで中央を突破。エリア左奥まで持ち込んで左足シュートを突き刺し、リードを4点に広げた。

 ゴールラッシュの締めくくりは89分だった。メッシが敵陣右サイドからドリブルでカットイン。4人に囲まれながらもペナルティーエリア手前まで持ち込み、左前方へラストパスを送る。待っていたスアレスが右足ダイレクトでゴール左隅へ決めた。

 試合は5-0で終了。バルセロナが後半だけで5得点を挙げ、敵地で圧勝した。リーガ・エスパニョーラでは6連勝となり、勝ち点を「54」に伸ばしている。次戦は25日、コパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグでエスパニョールと対戦。逆転でのベスト4進出を狙う。そして28日にはリーガ・エスパニョーラ第21節でアラベスをホームに迎える。

【スコア】
ベティス 0-5 バルセロナ

【得点者】
0-1 59分 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)
0-2 64分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
0-3 69分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
0-4 80分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
0-5 89分 ルイス・スアレス(バルセロナ)

2得点ずつを決めたスアレス(左)とメッシ(右) [写真]=Getty Images