サザエさん終了

(画像はYouTube日清食品グループ公式チャンネルのスクリーンショット)

国民的アニメの一つである『サザエさん』だが、東芝のスポンサー撤退から打ち切りの話も出ているという。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「テレビ放送について」の調査を実施。

「アニメ『サザエさん』はもう終了してもいいと思う」と答えた人は全体で37.7%と、やはり一定数いるようだ。

■終わっても別に困らない

男女別では、男性のほうが多い結果になっている。

サザエさん終了グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

いわゆる、「サザエさん症候群」を挙げる人も。

「日曜日の終わりを感じさせる象徴になっているから」(30代・男性)

『サザエさん』が終わったとしても、月曜が来ることは変わらない。

「今も観ていないし、終わっても困ることはない」(20代・男性)

あまり思い入れがない人にとっては、『サザエさん』が終わるのはどうでもいいことのようだ。

■内容が時代錯誤との声

『サザエさん』が嫌いな人からよく言われるのが、内容が時代錯誤という意見だ。

「取れたボタンを好きな人につけて欲しいと、カツオが早川さんの家に押しかけていた。裁縫は女性がするものなんて、時代錯誤もいいところ。

しかも、なんで2人も専業主婦がいる家の子のボタンを、赤の他人のお嬢さんがつける必要があるのか…」(40代・女性)

さらには、磯野家とフグ田家の教育がおかしいとの声も多い。

「カツオは親だけでなく、姉さんにまで怒られてかわいそう。いたずらばかりするのも悪いけど、みんなで怒ることはない。サザエはもっと、タラちゃんに怒るべきなのに」(20代・男性)

■それでも続いて欲しいファンたち

終わってもいいとの意見もあるが、まだまだ『サザエさん』が好きな人もいっぱいいる。

「毎週楽しみにしているわけじゃないけど、なんとなく観てしまう。ここまで長期間観ていると、愛着がある。終わってしまうのは、やはり寂しい…」(30代・女性)

ただ、続いていて欲しいと思っている人にも、思うところはあるようだ。

「原作が古いのだから、家族設定が時代錯誤なのは仕方がない。ただ、もはや原作とはかけ離れたもの。たまにブレるけど、内容は現代に合わせるか古いままを貫くかを徹底したほうがいいと思う」(40代・女性)

それでも、アニメ視聴率の1位に君臨する『サザエさん』。まだまだ多くの人から支持があるのは、事実のようだ。

・合わせて読みたい→『サザエさん』スポンサーに高須院長が名乗りで次回予告大喜利も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

『サザエさん』は終了してもいい? 「時代錯誤な内容」と批判の声も