リーグブリストル戦に3-2と勝利 バルサバイエルンマンCで通算368

 マンチェスター・シティ23日、リーグカップ準決勝第2戦で英2部ブリストル・シティと対戦し3-2の勝利を収めた。この試合でシティを率いる47歳のスペイン指揮官ペップことジョゼップ・グアルディオラは、監督として通算500試合に到達。英衛星放送「スカイスポーツ」はグアルディオラ監督の経歴を記しながら、通算勝率が驚異の74を記録していることを報じている。

 グアルディオラ監督2006年11月に現役を引退。07年からバルセロナの下部組織で監督業をスタートさせ、翌年にはバルセロナトップチーム監督に就任し黄金時代を築いた。13年にバイエルン・ミュンヘン指揮官となり3連覇達成。昨季からシティを率い、今季のプレミアリーグでは首位を独走している。

 そんなグアルディオラ監督の凄さを「スカイスポーツ」は数字で紹介。これまで揮した3チームの勝敗、最も出場した選手、最も得点を取った選手を取り上げている。

 そのなかで最も衝撃的な数値を叩き出しているのが、これまでの勝率だ。47歳のスペイン指揮官バルセロナ179勝、バイエルン124勝、シティ64勝を記録し、500試合で368勝を収めている。これを勝率に換算すると、実に勝率は74。10試合に7試合以上を勝利するというとてつもない数字を叩き出している。ちなみにこれまで18個のトロフィーを獲得している。

最多得点者はメッシ断トツ211ゴール

 また、グアルディオラ監督の下で最も出場した選手、最も得点を奪った選手はともにバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシカンプ・ノウで4シーズンをともに過ごしたメッシは、219試合で211得点を奪っており、得点数では2位ドイツ代表FWトーマス・ミュラーバイエルン)の79得点の約2.7倍の得点数を記録している。現在揮しているシティの選手では、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが56ゴールで5位となっている。

 シティではプレミアリーグの最多連勝記録を更新するなど、各クラブでまさに“名将”と呼ぶにふさわしい実績を残しているグアルディオラ監督。今後どれだけ偉大な記録を作っていくのかが楽しみでならない。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

47歳の名将ペップ、通算500試合で勝率は驚異の74%! 英メディアが偉業称える