自分より年上のはずなのに、彼はどう見ても幼い。少し忙しくなっただけで、勝手にシャットダウン。「悩みを聞いてほしい」と言っても、音信不通…。 本当に今の彼でいいのか、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか? 今回は、精年齢が低い男性の特徴をご紹介します。

ちょっと忙しくなっただけで余裕がなくなる


fizkes/Shutterstock.com

的に幼い彼の特徴は、とにかくキャパシティが狭いこと。

容量がなくてすぐに満タンになってしまうのが最大の特徴といえます。

 

お互いに仕事をしているのは同じなのに、ちょっとだけ忙しくなっただけで、とにかく不機嫌…。

自分の言う通りにならなかっただけでムスっとしたり、意地悪を言ってきたりと、彼の器の狭さを感じるたびにストレスが倍増しているのでは?

 

ポイントとしては、彼のキャパの狭さは今すぐ変えられないと悟ること。

そして、彼のメンタルが下がり始めていたら寄り添いつつも、基本的には放っておくのが一番です。

 

一緒に住んでいるなら、ご飯はつくってあげるし、彼の部屋まで持っていくけど、あとは知らないわ、関係ないわ、くらいの距離感で十分なのです。

何が何でも私が支えなきゃ、と思っていると、彼はそんなあなたの気持ちを視するような行動をとるたびに「いい加減にしろ!」とイライラすることになるのです。

 

■自分本位なお付き合いをめてくる


Kar Tr/Shutterstock.com

的な幼さは、年齢と例しているわけではありません。

年下でもしっかりしている人はたくさんいるし、逆に言えば、はるか年上の男性であっても、どうでもいいことにこだわるのが男性というもの。

 

もし、今の時点で彼が自分本位なお付き合いをめてきているなら、彼はまだまだ未熟者なのでしょう。おそらく、あなたと付き合ったことで、少しはマシになっている部分もありますが、それでも女性側からすると、お子様レベルと感じるときも。

 

上手にお付き合いするコツとしては、本当に彼が好きで一緒にいたい気持ちがあるなら、ある程度は彼の生活ペースルールに合わせてあげることも重要です。

彼に基本を合わせて、自分が調節してあげるのです。

彼の自分ルールを尊重してあげれば、彼もあなたからは々には離れられないでしょう

 

■自分の話は聞いてほしいけど彼女の話はまともに聞かない


Roman Samborskyi/Shutterstock.com

年齢の低い男性に限った話ではありませんが、特に精年齢が低い男性によく見られるのが、自分の話はするけれど人の話はまったく聞こうとしないことです。

男女の違いももちろん関係しているとは思いますが、女性からしてみれば「あんたの話を聞いてあげているのに、聞かないってどういうこと?」と、思わずイラッとするもの…。

 

対処法としては、最初から彼に期待しないというのがどうやら大切なようです。

自分の悩みは自分で解決する。

どうしても愚痴りたいときは彼に愚痴るけれど、具体的なアドバイスや共感は一切めないと決めておくと、彼とも付き合いやすくなります。

期待するから、期待通りにならなかったときに怒りたくなる。

だったら最初から彼には期待せずに「私が面倒を見てあげるか」くらいでいればいいのかも

 

 

男性女性よりも精年齢が低い、というのはよくにする話ですが、どんなに経験を積んでいても、幼い人は幼く、どこまで相手を思い、慢できるかがポイントになります。

たくさんイライラするけど、彼の寝顔を見ているだけで癒されるなら、その人は精年齢が低くても、運命の人なんです

相手には期待せずに、自分がリードするくらいでいた方が二人の関係も安定するでしょう。

 

関連記事

・女子会より盛り上がる!?カフェ婚パーティが気になる…!

・みんな釘づけ♡アクティブで自立している女性がモテる理由

・大人の恋愛・結婚はまだまだこれから!晩婚になりがちな職業って一体何?

彼氏としては無理!精神年齢が低い男性の特徴