ishihara.JPG 「ゆがんだ性を描いてけている人間は卑しい」――石原慎太郎東京都知事は2011年2月16日東京都議会本会議でこう発言した。東京国際アニメフェア2011の開催が危ぶまれていることについて、下善行都議(民主党)が「『卑しい仕事をしている』と漫画家の方々に対しておっしゃられました。そんなふうに言われて一緒に仕事をしたいと思いますか」と投げかけたのに対して、石原都知事は「小学校先生子供同棲して生活する。親子の近親相姦。きょうだいの近親相姦。そういうんだ性ってものを描いてけている人間を私は卑しいやつだと思いますな」と発言し、またもや石原節が飛び出したのだ。

 下都議は、東京国際アニメフェアに大手出版社が相次いでボイコットを表明した事について、過な性表現を含む漫画アニメの販売を規制する「東京都少年健全育成条例」がその原因になっていると摘。さらに石原都知事が出版社を名しで批判して「だったら(東京国際アニメフェアへの参加を)おやめ下さい。え面かくのは向こうだと思うよ」と発言したことを例にあげ、「度重なる知事の発言が出展拒否の原因」だとして、謝罪を促した。

 これに対して、石原都知事は「漫画アニメの発展を願う気持ちは一緒だ」としながら、「児童ポルノが野放しになっているのは日本だけ」「親子の近親相姦、きょうだいの近親相姦、そういうんだ性というものを描いてけている人間は、私は卑しいやつだと思いますな」と気を荒げた。さらに「犯罪行為を賛美した漫画規制することは都民のためになる。そのためには全を尽くす」と都条例の推進・堅持に強い意欲を見せた。創作活動への悪影摘するに対しては「条例は表現を萎縮させるものではない。さらに付託決議を踏まえて条例を運用していく」と説明した。

【関連サイト
平成23年第1回定例会録画映像 2011年2月16日水曜日)本会議(一般質問)

三好尚紀)

【関連記事】
「俺の妹×とある」のコラボ! アニメコンテンツエキスポ最新情報発表
「コミケは都条例の対象にはならない」猪瀬副知事と都青少年課が見解示す
都条例改正部分で「規制されるものはほとんどない」 賛成派都議が主張