28mの圧巻ゴラッソに“古巣”イタリアも賛辞「サムライはそう簡単にあきらめない

 メキシコ1部パチューカFW本田圭佑が3日(日本時間4日)のモレリア戦で28メートルの“回転FK弾”を炸裂。2戦連発となった“らしい”スーパーゴール間をリーグ公式ツイッター動画付きで紹介すると、かつて名門ACミランの10番を背負ったレフティーについて“古巣”イタリアメディアが「サムライはそう簡単に諦めることはしない」「ケイスケ・ホンダは終わった選手ではないと印づけた」と絶賛している。

 美しく、そして、鋭く――。本田が魅せたのは、1-2で迎えた後半15分だった。

 ゴール前ほぼ中央からのFK、28メートル距離。慎重にボールセットし、4、5歩と距離を取る。ゆっくり助走で駆け出すと、左足を一。放たれたシュートは驚きの軌を描いた。ボール回転。ブレ球にとまどったのか、GKは一、反応が遅れた。そして、ボールがけて一直線。懸命に飛びついたGKも及ばず、快にゴール右隅に突き刺さった。

 驚愕ゴールに一気に熱狂と化したスタジアム。ゴール裏のサポーターは総立ちとなり、大歓に包まれた。殊勲の本田笑顔で味方のもとに駆け出し、感情を爆発させた。

 圧巻の“回転FK弾”の間を、リーグ公式ツイッターは「ケイスケ・ホンダのゴーーーール!!」と動画付きで紹介。映像の当たりに海外ファンも「これこそがケイスケに感嘆する理由だ」などと感嘆のを上げていたが、反はかつての“古巣”イタリアにも届いた。

色あせない元ミラン10番の今に脚「ケイスケ・ホンダは終わった選手ではない」

 イタリアサッカー専門メディア「GianlucaDiMarzio」は「ホンダの再燃…元ミランが新たなゴラッソ」と見出しを打って特集している。

ミランで10番を着た男は、志半ばでイタリアを去ることになった。しかし、サムライはそう簡単に諦めることはしない。彼は残りのキャリアサッカーを楽しむために過ごす時間にするつもりはない。ホンダは、まだ多くのものを与え、魅せることができることを明している」

 このようにつづり、本田がまだきを放っていることをレポート。さらに、今回のゴラッソについて絶賛している。

「このFKは、そんな彼を徴するようなゴールだ。この日本人選手のスタイルである、“回転FK”が唸りを上げた。おそらく、彼がどれほどのパフォーマンスを示しても、遠方にいるミランファンの間では彼を手放した後悔が生まれることはないだろう。しかし、ケイスケ・ホンダは終わった選手ではないということは印付けることができたはずだ」

 本田はまだ終わっていない――。今後はJリーグ海外組を含め、W杯ロシア大会の日本代表メンバー入りをかけて争うが、遠くイタリアでも、その存在が脚を浴びている。(THE ANSWER編集部)

無回転FKを決めたパチューカのFW本田圭佑【写真:Getty Images】