JR東日本により進められている東京駅北通路周辺整備の一環として、1962年創業の東京都・埼玉県に7店を展開する倉田博和シェフによる地域密着の人気ベーカリー「デイジイ東京 グランスタ店」が2月6日(火)に先行オープンします。


デイジイ東京 グランスタ店のストアコンセプトは「NIPPONのベーカリー」。



欧州のブーランジェリーのパンも素晴らしいけれど、日常的に食べるなら、やっぱりNIPPONのパンを!ということで、日本で親しまれているメロンパン、あんぱん、惣菜パンをはじめ、ドーナツやサンドイッチ、焼き菓子や洋菓子など、東京駅オリジナル商品を含む約100種類の商品が揃います。


デイジイで人気NO,1となっている「クロワッサンB.C」292円(税込)は、農林水産大臣賞を受賞した商品で、第二回全国ご当地パン祭りでも人気投票一位となった倉田シェフ自慢の一品です。


また、グランスタ店限定商品として登場する「シェフの自家製カレーパン」216円(税込)は、国産牛肉と玉ネギ、人参などの野菜をふんだんに使い、独自ブレンドのカレー粉を使ってじっくり煮込んだ中辛カレーが包まれた、カリカリ食感のカレーパンです。


さらに、グランスタ店注目の特別企画である、デイジイがパン好きに贈るパンの実験室「DaisyLABO(デイジイ・ラボ)」では、季節ごとにパンにまつわる美味しい企画が開催されます。


オープン時は、デイジイ倉田シェフがパンの世界大会等入賞経験のある4人のグレートシェフとコラボし、スペシャルレシピを再現するパン11種類が限定販売されます。


パリのバゲットコンクールで金賞受賞している、ティエリー・ムニエシェフの「バゲット・ムニエ」346円(税込)も味わうことができますよ。


パンだけでなく、クッキーなどの焼き菓子も充実のラインナップとなっています。ギフトとしてもオススメな焼菓子セットなども揃います。


テイクアウトはもちろんですが、店内には客席が25席設けられており、パンのほか、こだわりのオーガニックコーヒーなどのドリンクメニューが楽しむことができます。

たくさんの人々で行き交う、東京駅北通路改札内にオープンする「デイジイ東京 グランスタ店」。東京駅を利用する際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

デイジイ東京 グランスタ店
住所:東京都千代田区丸の内 1-9-1 JR東京駅八重洲北口内1階 改札内
オープン日時:2018年2月6日(火)10:00より
営業時間:7:00~22:00

東京駅北通路改札内にカフェベーカリー「デイジイ東京 グランスタ店」がオープン!