近頃ネットで本来のオリンピック種目の内容よりも密かに話題となっておりますこちらのオブジェ「モルゲッソヨ」ですが、現地の人もこの正体がわからないというぐらいに謎めいているものです。そんな中、このオブジェについて有力な手がかりがあることがわかりました。それによりますとこのオブジェの名前は弾丸男ということです。



ーモルゲッソヨって?

モルゲッソヨとは現地の言葉で「わからない」ということですが、誰に聞いてもこのオブジェが何なのかわからないということで、その名前で呼ばれるようになった「ルドルフとイッパイアッテナ」の「イッパイアッテナ」的な経緯で呼ばれているものです。

しかし実はこのオブジェ、正式名称があることが判明しました。そしてこのオブジェの作者も存在するということです。

このオブジェのタイトルは・・・

ー弾丸男


彫刻家キム・ジヒョンの作品「弾丸男」ということです。下記サイトに制作経緯が紹介されておりますが、あの先端にある、やや特徴的な突起物はどうやら「弾丸」であるようです。

弾丸男
http://www.dogdrip.net/153676761

キム・ジヒョン展_ギムジョンヨウン美術館_ 2009
https://neolook.com/archives/20090720e

なお、ネオルック「キム・ジヒョン展」でこの弾丸男は絶賛展示されていたようです。
彫刻家の作品ということでようやくスッキリした気持ちになるわけですが、日本では既に「モルゲッソヨ」で通ってしまっているので本来の名前はあまり知られることはないのかもしれませんね。

平昌オリンピック会場にあるのは、弾丸のように早いスピードでリンクを滑るイメージで立てたのでしょうか。

ある意味演技よりも現地で観てみたいものです。

画像掲載元:dogdrip
(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
「モルゲッソヨ」ついに正体判明!「弾丸男」という芸術品であることが判明する!