(DAJ/Thinkstock/画像はイメージです)

ドラマや映画で活躍する俳優・斎藤工(36)が11日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。「人妻と温泉」に入浴していた衝撃過去が明かされ、視聴者から大きな反響が起きている。

■ネガティブな斎藤

高校時代からモデルとして活躍後、2001年に俳優デビュー。「抱かれたい男」ランキング1位、「60代以上の女性が抱きしめられたい」ランキングでも2位に輝くなど、世の女性を魅了している。

「自分が嫌いになった」ことをテーマに語られたこの日。自身の人気は「マスコミが作り上げてきた」ものと認識している斎藤は、人気俳優・高橋一生(37)と雑誌の表紙を飾った際は「自分がいない方がいいのに…」と考えるほどネガティブ。

「絶対、一生さんだけの方が購買数が上がるはず。ちょっと甘えると地獄を見る」と自分に厳しい発言を繰り返した。

■原点は「人妻温泉」

そんな斎藤の原点は、2006年放送の『ラジかるッ』内の1コーナー、温泉に入って人妻の悩みを聞く『レッド&たくみの誘われて人妻温泉』にある。

温泉俳優・ティンカーベル斎藤として出演し、人妻たちと戯れる姿を披露した斎藤。現在のキャリアや人気を考えれば「黒歴史」のようにも思えるが、「この仕事があったから今の自分がある。カッコつけただけの自分は自分じゃない」と当時を振り返る。

「ニーズがないと職業は成立しない。僕を必要とされるなら全力でどんな仕事でもする。ティンカーベル斎藤の時期は必要だった」と黒歴史ではなく、自身の成長に繋がった大切な仕事だと熱弁した。

■視聴者は興奮

熱烈な斎藤ファンの間では有名な番組かもしれないが、初めて斎藤の原点を知った視聴者からは大きな反響が起きている。特に女性ファンにとって、若い斎藤の入浴風景は刺激的だったようだ。

■過半数に「消したい過去がある」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,336名を対象に調査したところ、全体の58.5%「消したい過去がある」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「消したい過去」と思われがちな『人妻温泉』で斎藤は仕事の大切さを学び、現在も芸人のネタを積極的にパロディするなど、俳優に収まらない活躍をファンに見せている。

ルックスが高く評価されがちな斎藤だが、どのような仕事でも求められる限り全力投球で挑む姿も、多くのファンの心を掴む要因かもしれない。

・合わせて読みたい→【人気ドラマ】もし「斎藤工」みたいな医者が担当だったら?◯割の女性がNG!

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,340名(有効回答数)

斎藤工、「人妻と温泉」衝撃過去を告白 「これがあったから今の自分がある」