"ひとり芸"のナンバーワンを決める『R-1ぐらんぷり2018』の決勝進出者が12日、東京・虎ノ門のニッショーホールで発表され、ルシファー吉岡、カニササレ アヤコ、おいでやす小田、おぐ、河邑ミク、チョコレートプラネット・長田、ゆりやんレトリィバァ、濱田祐太郎、紺野ぶるま、霜降り明星・粗品(ネタ順)が選ばれた。決勝戦は3月6日(19:00~20:54)に、カンテレ・フジテレビ系列で生放送される。

16回目となる今回は、過去最多となる3,795人がエントリー。決勝はこの10人に、決勝当日に行われる「復活ステージ」(LINE LIVE、YouTube Liveで生配信)で選ばれた2人を加えた計12人で、3ブロックに別れて実施。A・B・Cブロックそれぞれを勝ち抜いた3人がファイナルステージに進み、優勝者を決める。優勝賞金は500万円、副賞で冠番組が与えられる。

決勝戦の司会は、雨上がり決死隊とフジテレビの宮司愛海アナウンサー。審査員は後日発表され、dボタンを使った「お茶の間d投票」も行われる。生放送中には「決勝戦ウラ実況」と題し、歴代王者がLINE LIVE、Twitter、Facebookで実況解説する。

2002年にスタートした同大会の歴代優勝者は、だいたひかる、浅越ゴエ、ほっしゃん。博多華丸、なだぎ武(第5・6回連覇)、中山功太、あべこうじ、佐久間一行、COWCOW多田、三浦マイルド、やまもとまさみ、じゅんいちダビッドソン、ハリウッドザコシショウ、アキラ100%。

画像提供:マイナビニュース