【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は12日、訪問先のカイロで記者会見し、ペンス副大統領が北朝鮮との対話実現を示唆したことについて「判断するのは時期尚早で、北朝鮮次第だ」と述べるにとどめた。一方で「彼らは交渉のテーブルに何を置くべきか分かっている」と強調。北朝鮮の核・ミサイル問題の解決が対話の主要議題になるとの立場を示した。

 ティラーソン氏はこの中で、交渉の枠組みを決めるために「交渉に先立つ話し合いが必要になる」とも指摘。北朝鮮と正式交渉に入る前に、議題設定などの「予備的協議」を行う可能性を排除しなかった。