五輪史上3人目、米国も称賛「五輪で成功させた最初の女性アメリカ人に」

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、米国が銅メダルを獲得した。女子シングルで長洲未来は135.53点の自己ベストを叩き出し、2位に躍進。五輪史上3人目の成功となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた24歳に対し、母国の米メディアは「ミライが魔法を放った」と賛辞を送っている。

 長洲が五輪史に、その名を刻んだ。「ミス・サイゴン」のメロディーに身を任せ、華麗に跳んだトリプルアクセル。美しい螺旋から完璧な着氷を決めた。江陵アイスアレーナに巻き起こる歓声。冬季五輪史上3人目となる快挙の瞬間だった。滑り終わると渾身のガッツポーズ。24歳にして自己ベストとなる135.53点を叩き出した。

 伊藤みどり、浅田真央に続く、五輪でトリプルアクセル成功。2位に入り、銅メダル獲得に貢献した長洲に対し、母国・米メディアも称賛を送った。

 シカゴ・トリビューン紙は「ミライ・ナガスは五輪でトリプルアクセルを成功させた世界で3番目の、そして、最初の女性アメリカ人となった」と見出しを打って特集した。

シングル表彰台争いの期待「ナガスはその座を争うグループに組み込まれた」

「3日間に渡り、8人のアメリカ代表スケーターが、才能、根性、芸術性を遺憾なく発揮し、アメリカに銅メダルをもたらした。しかし、その中で最も魔法を放ち、中心的な貢献を果たしたのが、ミライ・ナガスがもたらした一瞬のジャンプだ」

 総力を結集させる団体戦の中でも、長洲のトリプルアクセルは高く評価している。さらに、USAトゥデー紙は「冬季五輪の高尚な雰囲気の中、トリプルアクセルがミライ・ナガスの背中を押した」と特集し、個人戦での躍進に期待している。

「フィギュアは今後、個人の戦いを残している。金メダルと銀メダルは、エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワの二大巨塔が壮絶なバトルを繰り広げることが予想されており、その他の強力なスケーターが残りの1枠を争う展開となる。トリプルアクセルを成功させた今、ナガスはその座を争うグループに組み込まれた瞬間だ」

 このように言及し、21日から始まる女子シングルでもOARの2強に続き、表彰台を争う一角として期待している。日本出身の両親を持ち、日本にファンも多い24歳。五輪史に名前を刻み、一躍、米国で脚光を浴びている。(THE ANSWER編集部)

長洲未来【写真:Getty Images】