デヴィッドサンドバーグが脚本・監督演を務めた異色SFアクションコメディカンフューリー』。ネット配信で話題を呼んだ30分の短編作品が長編映画化されることになり、映画『X‐MEN』シリーズや『エイリアン:コヴェナント』の俳優マイケルファスベンダーが出演するという。

【写真】「マイケル・ファスベンダー」フォトギャラリー

 1980年代へのオマージュにもなっている『カンフューリー』。犯人追跡中の事故がきっかけで、選ばれしカンフーの達人“カンフューリー”になった警官(サンドバーグ)が、タイムトラベル過去に戻り、極悪のカンフーマスターアドルフ・ヒトラー総統を倒すために奔走するという奇想外なストーリーだ。サンドバー監督クラウドファンディングサイトKickstarter」で調達した資製作し、カルト人気を博した。

 Varietyによると、映画版は短編の続編となり、今に撮影予定とのことだ。マイケルの演じる役は不明。引き続きサンドバー監督と、カメオ出演した俳優デヴィッドハッセルホフが出演する。

 続編は1985年のフロリダ州マイアミが舞台。カンフューリーと、様々な時代の精鋭が集まったサンダーコップ(Thundercops)集団のおかげで治安が保たれていたが、サンダーコップの1人が悲惨な最期を遂げ、解散に。しかし、総統の野望を受け継いだの敵が突如現れたため、カンフューリーが再びタイムトラベルをして、敵に立ち向かうというストーリーになるとのことだ。

異色SFアクションコメディ『カン・フューリー』に出演するというマイケル・ファスベンダー(C)AFLO