タレントの大久保佳代子(46歳)が、2月12日に放送されたバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。義理チョコを配るかわいい女の子に苦言を呈した。

番組はこの日、バレンタインデー間近ということで、「ブスにもバレンタインがやってきた!SP」と題して進行。テーマ「バレンタインのここがムカつく!」では、出演者たちが、バレンタインデーの腹が立つポイントを語った。

スタジオでは、番組MCのおぎやはぎ・矢作兼(46歳)が「(義理チョコ)配るのって、どうなんだろう? 何でやるの?」と質問。

それに大久保が「それは、ブスよりもかわいい子が作って、すごい配っている。手作りで、ラッピングもやって。あれは、自分に余裕があるからよ。作っても、まず汚いって思われない。私たち(ブス)は、汚いバイ菌だという自覚がありますから。あいつらは自分に自信があるのよ。田中みな実ね」と発言し、これに、おぎやはぎの2人も「あ〜!田中みな実は、配るよ。うまいよね」と同意していた。