普通は女性に感じる「可愛い」「守ってあげたい!」という感情ですが、男性にもそんな魅力を持っている人がいますよね。

しかも、なぜかそういうタイプの男性をいつの間にか好きになっていた!なんてことはありませんか?

それはきっと “母性本能”が目覚めてしまった結果なのです。母性本能をくすぐる男性の特徴をまとめてみました。

1. 隙が多い

疲れたのかウトウト居眠りしている姿を見せたり、テレビや映画を見て感動して泣いていたり、仕事で思うような成果が現れずに悔しそうな顔をしていたり…。

なかなかふだん見ることのない油断している姿をたまたま見てしまったりすると、ドキッとしませんか?そんな男性の隙に「励ましてあげなきゃ」「守ってあげなきゃ」という気持ちになるのでしょうね。

2. 子どものような仕草をする

元々、女性は子どもに対して母性本能を持つもの。子どもの愛くるしい仕草に思わず抱きしめたくなる女性は多いですよね。

また、童顔だったり、実年齢よりも精神年齢が幼かったりす外見に、より母性本能はくすぐられる傾向にあります。

寝ぼけたり、美味しそうに食べたり、好きなことに夢中になって熱中する子どもみたいな姿は人間味にあふれていて、ついついキュンとなる女性も多いのです。

3. 不器用なところがある

いつもは何でもできてしまうのに、なにか不器用なことがあったりするとノックアウト!

例えば、腕のボタンがなかなか閉められなかったり、パッケージを綺麗に開封できなくて慌てていたり、ぎくしゃくした手つきでこなそうとしているもんなら、「私がやってあげる」「私に任せて」なんて手を出してしまいたくなるでしょう。

それもまた母性本能をくすぐるポイントなのですね。

4. 普段とのギャップを見せる

いつもはクールでちょっと近寄りがたいなぁと思っていたのに、無理して打ったと思われる絵文字メールが送られてきたらどう思いますか?

「無理したんだろうな…♡」「可愛いな」という感情が芽生えることが多いと思います。

また、カッコよくて非の打ち所のない男性が、実は天然キャラだった!なんて分かった瞬間も、ドキッとさせられますね。仕事とプライベートのギャップに母性本能をくすぐられる女性は意外と少なくないでしょう。

まとめ

母性本能をくすぐる男性は、「まるで子ども?」のような無邪気で自然体の男性です。

また、幼い外見にも母性的な心理が働きますね。いつもお母さんのサポートがないと生きていけない子どものように、ついつい手助けして甘やかしたくなる男性には要注意ですよ。無条件に好きになってしまうかも?!(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)