都営新宿線最後の10-000形電車として使用されていた10-280編成が、営業運転を終了しました。

都営10-000形はすべて引退

2018年2月11日(日・祝)、都営新宿線で最後の10-000形電車である10-280編成が、営業運転を終えました。

10-280編成は1997(平成9)年に製造された10-000形の8次車で、他の編成と同様、都営新宿線や直通先の京王線を走行。引退間近となった2018年1月29日(月)からは「さよならステッカー」が貼付されていました。ラストラン当日も通常運用で新宿線などを走行。駅では多くのファンに見送られました。

なお、この10-280編成の営業運転終了により、1978(昭和53)年の新宿線開業時から使用された10-000形はすべて引退。同線の営業車両は10-300形に統一されています。

営業運転終了翌日の2018年2月12日、大島車両検修場で廃車回送を待つ10-280編成。「FINAL RUN」や涙などを模したステッカーが追加されている(画像:東京都交通局)。