「プライベートジェット」といえばセレブステータスアイテムですが、実際のところどのような飛行機があって、そして価格はいかほどのものなのでしょうか。

セレブのステータスといえば

ハリウッド映画スターアラブの王族、そして大企業社長などセレブが利用するプライベートジェット。実際に個人所有となると、どれくらいのコストが掛かるのでしょうか。また、どのような航空機があるのでしょうか。

プライベートジェットは、一般的にはビジネスジェットと呼ばれ、「ホンダジェット」のような6、7人乗りの小機から、ボーイング737ベースの「BBJ」のように最大で40名程度が乗れる機体など、様々な機種があります。ガルストリームエアロスペースアメリカ)の「ガルストリーム」、ボンバルディア・エアロスペースカナダ)の「グロバル」や「リアジェット」、ダッソーフランス)の「ファルコン」などが有名です。

では、いざビジネスジェットを購入する場合ですが、機体本体の価格はどのくらいなのでしょうか。航空機を扱う総合商社、双日(東京都千代田区)に聞いてみました。

――どのような機種を取り扱われていますでしょうか?

商品としてはロングレンジといわれるもので、日本からアメリカ東海までノンストップでフライトできる機体となります。具体的な機種名としては、ボンバルディア社の「グロバル6000」、ガルストリーム社の「G650」が挙げられます。

――機体の価格はどれくらいでしょうか?

新規購入する際の価格帯はいずれも6000万ドルから7000万ドル(約65億円から80億円)くらいとなります。

メンテナンス次第で寿命は50年にも

――ほかにはどんな機種が人気でしょうか?

ビジネスジェットの機種は幅広く、欧人気な航続距離2000km程度の「Very Light」といわれる機体もあります。こちらは「ホンダジェット」などが対となるレンジで、価格も1000万ドル(約11億円)以下で購入可となります。

――中古購入の場合は、どれくらいの価格でしょうか?

機齢(機体の年齢)によって大きく異なってきます。飛行時間などによって大きく異なりますが、おおまかに毎年5から10%程度、機体価格が下落していくイメージとなります。ビジネスジェット民間機にべて飛行時間が少ないため、メンテナンスをしっかり行えば30年から50年飛ぶことができると言われています。

※ ※ ※

ホンダジェット」は、ホンダ子会社航空機事業を展開するホンダエアクラフトカンパニーアメリカ)が製造、販売しており、2017年上半期には小ジェット機の出荷数で世界首位に立ちました。「飛ぶスポーツカー」とも称される「ホンダジェット」の価格は、「2017年ベースライス490万ドル(約5億4千万円)になります」(ホンダ)とのことです。前出のとおり「ホンダジェット」は「Very Light」というカテゴリーに分類されるもので、ビジネスジェットのなかでは最も小でかつ安い価格帯になるそうです。

運用コストはどのくらい?

では、運用にかかるお金はどのくらいのものなのでしょうか。「あくまで小ビジネスジェット市場における一般論として」との前提で、ホンダに話を聞きました。

――維持費はどのくらいになるのでしょうか?

アメリカにおける「Very Light Jetカテゴリーの機体の一般的な運用コストは、飛行時間1時間あたり2000ドル(約23万円)程度です(燃料費、メンテナンス費、保険料、その他費用を含む)。もし5人搭乗すれば、ひとりあたり、1時間400ドル(約4万5千円)程度になります。

――どのような人が購入し、またどのように使われているのでしょうか?

の機体は、文字通りの億万長者層が購入しますが、「Very Light Jetカテゴリーの機体は、中堅企業オーナー、新規の企業といった方が、ビジネス的で購入されるケースが多いです。たとえば、地方都市出張する場合、エアラインではハブ空港での乗り換えなどもあり1日で1箇所しかまわることができないケースでも、ビジネスジェットを使えば1日で2か所から3か所以上を回ることができ、ビジネススピードや効率が重要な業種では、非常に有効なツールとなります。また複数の機体を購入してチャータービジネスをされる方もいます。

※ ※ ※

ビジネスジェットでも、やはり購入となると本体価格は億単位となります。購入ではなく、ビジネスジェットをチャーターするいう方法もあります。

ビジネスジェットのチャーター事業を行っている朝日航洋(東京都江東区)のホームページによると、定員最大8名の「サイテーション・ソヴリンC680」で、羽田空港神戸空港を1泊2日で往復した場合、諸経費込みで約570万円となっています。

チャーターという選択肢のメリットは?

実際にどのような人が利用し、またチャーターにはどのようなメリットがあるのでしょうか。朝日航洋に聞いてみました。

――チャーターはどのような人が利用するのでしょうか?

おもに企業の経営者層で、年齢層は業種により、幅広く変化します。メーカーIT系、商社ショービジネスなど様々な分野のビジネスパーソンの方が利用されています。御旅行でご利用になられるお客様もいらっしゃいます。

――どのような用途の利用でしょうか?

前出の通りビジネス利用が多く、60から70です。プライベートユーザー40%から30程度でしょうか。いずれも短時間に複数都市を周遊しお仕事観光完結させるなど、時間を気にせず「いつでも、どこでも、安全に」というのがこの事業の最も大きな特徴とアドバンテージです。

――チャーターするメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

チャーター利用は購入に較して、廉価でビジネスジェットを利用できます。飛行機は購入しても毎年の維持費が大きく掛かるため、年中利用するのでなければチャーターのほうがコストパフォーマンスは高いです。

※ ※ ※

国土交通省ビジネスジェットの受け入れ促進として、羽田空港におけるビジネスジェットの発着制限を緩和、成田空港関西空港でも利用環境善が図られ、際利用は伸びています。しかし内におけるビジネスジェットの発着回数は、全体で見ると横ばいで推移しています。

ビジネスジェットは、駐機費用、整備点検費、保険料などで年間2億円から3億円以上の高額な維持費がかかるといわれ、さらに日本では空港の利用料も高く、またフライトに際し様々な制限があるため、欧べるとまだまだ一般的ではないのが実情のようです。そしてチャーターを行う企業も少数です。

ホンダジェット」のように、優れたハードが登場していることもあり、今後はより内で利用しやすい環境作りがめられるのではないでしょうか。

【写真】もう見るのは難しい? 「トランプ・フォース・ワン」

1万km以上の航続距離があるボンバルディアの「グローバル6000」(画像:ボンバルディア)