ウズベク選手がロング弾に英紙が注目「ベッカムを彷彿とさせるフィニッシュ」

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で元イングランド代表MFデビッド・ベッカムばりの正確なキックから60メートルのハーフウェー弾が炸裂。スーパーゴールの瞬間を海外メディアが動画付きで紹介し、「ベッカムを彷彿とさせるフィニッシュ」と称賛している。

 距離なんて関係なかった。60メートルの圧巻ハーフウェー弾で脚光を浴びたのは、ロコモティフ・タシケント(ウズベキスタン)のイクラム・アリバエフだ。

 12日のACLグループステージ第1節アル・ワフダ(UAE)戦、1-0で迎えた後半8分。アリバエフがハーフウェーライン手前で、後方からの浮き球をヒールでの巧みなトラップ。一瞬で相手選手を交わし、前線へ突破を図るのかと思った次の瞬間だった。選択はドリブルでもパスでもなくシュートだった。

 右足で振り抜いたボールは低く、鋭くコントロールされ、ゴールへ一直線。飛び出していた相手GKは予期せぬタイミングに慌てて戻り、懸命にジャンプして飛びついたが届かず。シュートはそのまま枠内を捉え、ゴールネットを揺らした。

熱狂のスタジアム、センターサークル内にできた歓喜の輪

 圧巻のロングシュートに騒然とし、熱狂に沸き立つスタジアム。シュートの距離を表すように、歓喜の輪ができたのはセンターサークル内だった。仲間たちに手荒く祝福され、アリバエフは喜びに浸っていた。

 英紙「ガーディアン」公式ツイッターは「ロコモティフ・タシケントの選手がアジア・チャンピオンズリーグで自陣からゴール」と動画付きで紹介。映像では「アジア・チャンピオンズリーグでベッカムを彷彿させるフィニッシュ」と母国のスターを引き合いに出し、称賛している。

 映像を見ると、シュートを打ってからネットを揺らすまで3秒かかり、60メートルの超ロング弾となった。Jリーグ勢は、日本代表も多く名を連ねる川崎、鹿島、C大阪、柏の4チームが挑んでいるACL。アジアNO1をかけた熱い戦いは、今年も盛り上がりそうだ。(THE ANSWER編集部)

今季もACLが開幕。早くもスーパーゴールが誕生【写真:Getty Images】