76ersの名物“ビッグ・ダディ”も認める、近未来のスーパースター候補の可能性

「今年は去年までとは明らかにアリーナの雰囲気が違う。ただ勝ち星を増やしただけではなく、誰もが将来を楽しみにできる魅力的な76ersが戻ってきたんだ。もうしばらく経験を積んだら、凄いチームになるだろう」

 2月9日のニューオリンズ・ペリカンズ戦の際、フィラデルフィアのウェルス・ファーゴ・センターに陣取った名物ファンは満面の笑顔でそう述べた。

 過去10年以上に渡ってゴール裏の席でチームを見守ってきた、その男性は通称“ビッグ・ダディ”。地元のNBAチーム、76ersに対する興奮ぶりは、この街のスポーツファンの想いを分かりやすく代弁しているかのようだった。

 長く続けてきた再建政策がようやく終わりに近づき、魅力的なメンバーがフィリーの街に揃い始めている。昨季の新人王候補になったジョエル・エンビード、ダリオ・シャリッチに加え、去年のドラフト全体1位指名選手のベン・シモンズがついにデビュー。すべて23歳以下のスター候補トリオは華やかだ。

 9日のペリカンズ戦はその魅力がフルに発揮される舞台になった。23歳にして大黒柱の風格を漂わせるようになったビッグマン、エンビードは24得点、16リバウンドと爆発。シャリッチも5本中4本の3点シュートを決めて、24得点でエンビードを援護した。身長208センチながら司令塔を任されるシモンズは第3クォーター終了までに10得点、9リバウンド、8アシストを挙げ、大差がつかずに最後までプレーしていればトリプルダブルも濃厚だっただろう。

ファンに熱狂を呼ぶ理由、ライバルも認める「パーソナリティ」と「カリスマ性」

 若き“ビッグ3”が大活躍し、76ersはペリカンズに100-82で圧勝。続く2月10日のロサンジェルス・クリッパーズ戦にも勝った時点で28勝25敗となり、すでに昨シーズン(28勝54敗)の勝ち星に並んだ。実に2012年以来となるプレーオフ進出の圏内にいるのだから、ファンの興奮も理解できるというものだ。

 フレッシュなチームの中でも、やはりエンビードは底知れぬスケールの大きさを感じさせている。身長219センチ、体重113キロという巨体ながら、ハイレベルのスキルを備えた万能派。2014年ドラフト1巡目全体3位で指名されながら、度重なるケガで最初の2年間はまったくプレーできなかった。しかし、ついにデビューした昨季は31試合でいきなり平均20.2得点、7.8リバウンド。完全開花を感じさせる今季は平均23.8得点、11.2リバウンドと数字を向上させ、初のオールスターにも選ばれた。

「エンビードがポストプレーに磨きをかけ、健康を保ったら、“ウィルト・チェンバレンの別バージョン”と呼び得る存在になり得る。(得点力だけではなく)ディフェンス面の存在感も大きい。ブロックを決め、相手のシュートを難しくさせることができるし、リバウンド力も優れている」

 フィラデルフィア・デイリーニューズ紙のコラムニストであるマーカス・ヘイズ氏のそんなコメントもエンビードの評価の高さを物語る。リーグの伝説的存在であるチェンバレンの名前を思わず出したくなるほど稀有な素材。膝に抱える古傷は気がかかりではあるが、今後も健康を保ちさえすれば、アンストッパブルなビッグマンに成長していく可能性は高い。

「ジョエルは素晴らしい選手というだけでなく、パーソナリティ、カリスマ性を持っている。だからこそ、あれだけファンを喜ばせることができるんだ」

“ビッグ・ダディ”が見通す未来「良い方向に向かっているとは思う」

 9日の試合後にはシクサーズのブレッド・ブラウンもそう述べていたが、タレント集団の中でもエンビードの人気は群を抜いている。カリスマ性を備えたスーパースターを中心に、躍進を始めた名門フランチャイズ。このままタレントたちが順調に成長し、故障を避ければ、シクサーズは遠からずうちに毎年のようにプレーオフ上位進出を果たせるようになるかもしれない。1990年代後半から2000年代前半、アレン・アイバーソンを中心にしたチームのように、血気盛んなフィラデルフィアの街を熱狂させることも不可能ではないのだろう。

「エンビード、シモンズ、シャリッチたちのおかげで、若く、エキサイティングなチームになった。アイバーソンの時代以来の盛り上がり? まだその名前を使うのは早すぎると思う。アレンは特別だった。毎晩、この街に何かをもたらしてくれたからね。今のチームはまだその域には達していないけど、良い方向に向かっているとは思う」

 ビッグダディはそう語り、アイバーソンの名前を出した筆者を制した。実際にもちろんこのまま一気に突っ走れるほどNBAは甘くはない。ただ……負けに慣れきっていた引くサーズがスーパースター候補を得て、チーム内に勝利意識が芽生え始めたことの意味は大きい。長い再建の時間は終わった。この魅力的なチームの近未来にエキサイトし、成長を楽しみにしているのは、もうフィラデルフィアのファンだけではないはずである。(杉浦大介 / Daisuke Sugiura)

杉浦大介
1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ジョエル・エンビード【写真:Getty Images】