三次マキ「PとJK」11巻が本日2月13日に発売。通常版に加え、ドラマCD付きの特装版が用意された。

【大きな画像をもっと見る】

2012年より別冊フレンド(講談社)にて連載中の「PとJK」は、イケメン警察官・佐賀野功太と恋愛初心者の女子高生・本谷歌子の、秘密の結婚を描くラブストーリー。2017年3月には亀梨和也、土屋太鳳による実写映画も公開されている。

特装版に付属するドラマCDには、三次書き下ろしのオリジナルエピソードを収録。功太役を中村悠一、歌子役を津田美波が務めるほか、札付きの不良だが心優しい大神平助役を江口拓也、歌子のクラスメイト・永倉二郎役を松岡禎丞、歌子の親友・矢口三門役を松田颯水が演じる。さらにキャスト5人による「忘れたい過去」をテーマにしたフリートークも収められた。

なお本日2月13日に発売された別冊フレンド3月号では、作中の人気シーンを再現した中村と江口の録り下ろしボイスがダウンロードできる企画を実施中。また三次とキャスト5人のコラボサイン色紙が抽選で10名に当たるプレゼントも行われている。詳細は誌面にて確認を。

「PとJK」11巻特装版