はたして、協会相手に対決を挑んだ貴乃花親方の信念は成果なしだったのか。

「騒動直後となる初場所は5日からは白鵬32)、6日からは稀勢の里31)と横綱が相次いで休場した。さらに、モンゴル出身の照ノ富士(26)、阿武(21)栃煌山30)など、十両以上の休場は再出場者を含め11名。戦後6番にケガの多い場所となった」(相撲担当記者

 途中休場で2横綱を欠いたとはいえ、それでも見るに値する場所でもあった。

白鵬横綱相撲としては見苦しいと批判の多かったかちあげ、り差しを封印し、持ち味を出せないまま自滅したのは印的でしたが、それ以上に、このケガ人の多さはガチンコ相撲が増えたことを明している。当たりの強い取組が新たな相撲ファンを虜にしたとも言えます」(界関係者)

 たび重なる不祥事が噴出したにもかかわらず、連日満員御礼が続いたのは、迫ある取組をファンが支持したことに他ならない。前出・界関係者がる。

「一世をしたモンゴル勢は暴行事件を受けガタガタ。代わって幕優勝を遂げた栃ノ心30)が場所を盛り上げましたが、実はこれまで、白鵬には25戦全敗、鶴竜32)には1勝21敗とモンゴル勢を極端に苦手としてきただけに、一部では“モンゴル”と嘲笑されていた。場所前に回しをするモンゴル互助会を毛嫌いしていた貴乃花親方にとっては、理事選の結果はともあれ、明らかな人情相撲が鳴りを潜め、土俵の上は相撲に近づきつつあるのではないでしょうか」

 理事長の椅子は遠ざかったとしても、貴乃花親方が得たものも多かった、とも言えるのだ。

アサ芸プラス