JUTMは昨域・電波管理を含む世界初規模のドローン活用社会と減災計画実を行いました。
シンポジウムでは実報告と共に、人とドローンが共生する未来社会の創造に向けて、関係庁・民間企業からスピーカー、パネリストをお呼びし、課題の抽出、ビジネスにつなげるロードマップ議論します。

2018年2月13日
一般財団法人 総合研究奨励会
日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)

人とドローンが共生する未来社会創造に向けて」
2月20日東大(本郷キャンパス)にて第一回JUTMシンポジウムを開催

一般財団法人 総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(以下、JUTM: Japan UTM Consortium)は、昨福島県において、域・電波管理を含む世界初規模のドローン活用社会と減災計画実を行いました。
シンポジウムでは福島社会報告と共に、人とドローンが共生する未来社会の創造に向けて、第一線で活動する皆様を関係庁・民間企業からお招きし、ドローンの最新政策動向・進む技術/サービスインフラ・共生のための課題やビジネスチャンスについて講演・ディスカッションを行います。

プログラム構成
1.午前の部 (10:00−12:00)
・基調講演:総務省経済産業省国土交通省福島県からスピーカーをお招きし、ドローン産業の安全な発展に向けての課題や政策についてご講演いただきます。
・特別講演:JUTMが考える、人とドローンの共生とその実現にむけた課題、視外飛行や地上飛行を実現するためのの運航管理(UTM)、そして福島社会をご紹介します。

2.午後の部 (13:00−18:00
ネルディスカッション:
1) 広がるドローンアプリケーション:各ドローン事業者のドローン事業の起点、課題、挑戦

2) 視外飛行の実現に向けた機体開発:最新技術や安全性・信頼性の担保 3) ドローン物流は実現するか?:ドローン物流実現のためのビジネス見通しや課題、環境整備 4) 通信:ドローンの安全における通信の位置づけと、取り組みや課題 5) 域管理:ドローン域の交通管理~視外飛行の実現に向けた課題と展望~ (順不同・敬称略、各内容は変更する可性があります)

詳細・申し込みはこちらから
https://jutm.peatix.com/

参考
シンポジウムパンフレット
プログラム(2月13日時点)

配信元企業:一般財団法人 総合研究奨励会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ