インドジャムシェードプルに所属するブラジルMFリオリが圧巻の一撃

 インド1部のインディアンスーパーリーグ第14節でスーパーゴールが生まれた。ジャムシェードプルFCが本拠地でノースイースト・ユナテッドFCと対戦し、1-0と勝利を収めたが、この決勝弾は会場を沸かせる圧巻の一撃だった。

 試合は両軍ともに決定打を欠いて0-0のまま後半へ突入。スコアが動いたのは後半6分だった。左サイドスローインを得たジャムシェードプルは、長距離ボールを一気にゴール前に送り込む。すると、ボランチの位置からスルスルとゴール前に上がっていた27歳のブラジルMFウェリントン・プリオリは、相手を背負いながら右足太ももトラップボールがそのまま中に浮くと、を沈めてジャンプし、ゴールに背を向けたままダイナミックオーバーヘッドシュートを繰り出した。

 プリオリの一撃はそのままゴール右隅へと吸い込まれ、全く反応できずにボールを見送った相手GKはガクッとうなだれ、両手を膝において然とした様子だった。試合はこのスーパーゴールが決勝点となり、ジャムシェードブルが1-0と勝利した。

 インド「ヒンドゥスタン・タイムズ」は、「オーバーヘッドキックからの素晴らしいゴール」と役のプリオリを称賛。「太ももコントロールし、璧なオーバーヘッドキックを実行。この一撃はシーズン最高のものだ」と称えている。また、インドスポーツ専門メディアスポーツキーダ」も「魔法ゴール」と記し、「最初のタッチで望む場所にボールセットし、圧巻のオーバーヘッド」と報じている。

 相手GKも防ぎようがなかったスーパーゴールは、シーズンベストゴール補として大きな注を集めているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

GK茫然… スローインから完璧トラップ&豪快オーバーヘッドに称賛「魔法のゴール」