第1弾の「アカとブルー Type-R」を皮切りとして,アーケードでの展開が予定されている,新規プラットフォーム「exA-Arcadia」。ジャパン アミューズメント エキスポ2018(JAEPO2018)会期中には,複数の新情報が発表された。

 exA-Arcadiaは,4本のROMを挿すことが可能な,PCベースのアーケード向け汎用基板だ。オンラインアップデートなどは可能だが,オフラインでも稼働でき,ROMの提供は「ソリッドステートなメディア」で行われるという(開発のEric Chung氏談。詳しい形式は不明)。

 JAEPO2018以前,同プラットフォームで「アカとブルー」(iOS/Android)をもとにした「アカとブルー Type-R」(関連記事)が第1弾,「Super Hydorah」(関連記事)をもとにした「スーパーハイドーラーAC」が第2弾としてリリースされることは明らかになっていたが,それらに続く第3弾は「INFINOS外伝」をもとにした「INFINOS EXA」になるとのこと。「INFINOS EXA」は,ピコリンネソフトが手掛ける横スクロールシューティングゲームで,サウンドは「サンダーフォースV」などの楽曲で知られる九十九百太郎氏が担当している。


 また,参入メーカーの中からグレフ,セイブ開発,シティコネクションの3社が明らかにされた。グレフがリリースするタイトルは,「星霜鋼機ストラニア」を海外向けに調整したものになるという。

 exA-Arcadiaは同プラットフォームでの展開タイトルを,企業製タイトルから個人開発の同人ゲームまで幅広く募集中だ。「我こそは」と思う人は,アプローチしてみてはいかがだろうか。



■「アカとブルー Type-R」



■「スーパーハイドーラーAC」



―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/408/G040821/20180213058/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・ARCADE アカとブルー Type-R

―――――――――――――――――――――――――――――
2017,2018(C)TANOSHIMASU CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

「exA-Arcadia」第3弾は横STG「INFINOS EXA」。「ストラニア」のグレフ,「雷電」のセイブ開発,ジャレコIPを持つシティコネクションも参入