稲垣吾郎が、阪本順治監督の最新作となる映画『半世界』で演を務め、長谷川博己、池千鶴渋川と共演することが発表された。

【写真】「稲垣吾郎」フォトギャラリー

 阪本監督が『団地』に続き挑むオリジナル脚本の本作は、諦めるにはすぎて、焦るには遅すぎる39歳という年齢の男三人の視点を通じて、「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」というもが通るある地点の葛と、家族や友人との、そして新たな希望を描くヒューマンドラマ

 から継いだ山中の炭焼き窯で、備長炭を製炭し生計を立てている紘(稲垣)。ただやり過ごすだけだったこの仕事を理由に、のことは妻・初(池)に任せきりであったが、突然帰ってきた中学からの旧友で元自衛官の介(長谷川)と、同級生渋川)の言葉で、仕事だけでなく、反抗期の息子・明に関心だったことにも気づかされる。やがて、介の抱える過去を知った紘は、仕事家族真剣に向き合う決意をするが…。

 主人公・紘に扮する稲垣は、「昔から阪本監督作品の大ファンでしたのでとても嬉しく光栄に思います」としたうえで、「男3人でこの世代というのはTVドラマでもなく、最近見たことのない映画になるのではないでしょうか。自身、男同士の作品があまりなく、こういった設定の山の男役でとても新鮮です」とも。そして「長谷川さんも泥臭い感じの役柄はなかったので普段とは違う役柄で3人の関係性をどう作っていくのか楽しみです」と期待を込める。

 介を演じる長谷川は、「監督は大変こだわりのある方だと思いますので、どう料理されるのか。監督のこだわりにどっぷり浸かってどう変化するのか。楽しみたいと思います」と抱負を明かし、稲垣夫婦役で初共演する池は、「夫役の稲垣吾郎さんと初めて共演させていただき、紘という人は煤(すす)だらけの中年男性で、稲垣さんがどんなに演じられるかが楽しみです」とっている。

 阪本監督は「小さな物語ではありますが、グロバルとは相対するもうひとつの世界を、多俳優を得て存分に描きたいと思います。稲垣氏は彷徨う心を、長谷川氏は感情の揺らぎを、渋川氏は不変の意志を、池氏は未来への追求を、それぞれの感性と力技で演じてくれることでしょう」とメッセージを寄せている。

阪本順治監督最新作『半世界』で主演を務める稲垣吾郎