ファテ、バンデンハーク、モイネロ、デスパイネ、スアレスのいる外国人

 一体、これほどの戦をどのように使いこなすのだろう。そんな気持ちを抱かざるを得ないほど、多士済々の顔ぶれとなっている。昨季の日本一ソフトバンクホークスである。

 宮崎キャンプも第3クール最終日となった12日、新たな戦補強がにされた。かねて噂されていたキューバ代表のジュリスベル・グラシア内野手が、ホークス契約を結んだとキューバの現地グランマ」の電子版が報じると、その後に球団が正式に入団を発表した。

 ソフトバンクには既に球界を代表する助っ人勢が顔をえている。投手では、昨季前人未踏の54セーブマークし、プロ野球記録を更新した守護デニス・サファテ投手先発ローテの一を担うリック・バンデンハーク投手、昨季途中から勝利の方程式を担ったキューバ人でリバン・モイネ投手がおり、右肘のトミー・ジョン手術からリハビリ中で、今季中に復帰できる見込みのロベルトスアレス投手もいる。野手にはアルフレド・デスパイネ外野手がおり、育成選手にはキューバ人“二刀流”のオスカーコラ投手外野手も在籍している。

 グラシアルは4人キューバ人、支配下では6人外国人助っ人となる。ご存知のとおり、1軍の外国人は4投手だけで4、野手だけで4という使い方はできず、投手3野手1、投手2野手2、投手1野手3のいずれかになる。

外国人4はほぼ確定的で、まずはファームでのプレーが有

 守護のサファテ、先発のバンデンハーク、そしてデスパイネが外れることはないだろうし、現状ではモイネロもチームに不可欠な存在だ。となると、グラシアルは当面、ファームに置かれ、チャンスを待つことになるだろう。

 本職は松田宣浩のいる三塁。ただ、それだけでなくセカンドショート、外野を守ってきた実績はある。松田に故障や不振などの有事があった際のバックアップ、ないし、外国人投手の不振や離脱、休養などの際に代わって1軍に上がってくるという使われ方が最も有だろうか。可性は低いだろうが、投手を1枚削って、二塁や外野に置いた打線というのも面い。

 キューバリーグ635試合に出場し、82本塁打、通算打率.310ハイアベレージを残しているグラシアル。支配下6人の外国人、他球団であれば、全員級と言えるだろう。なんともまあ、贅沢でな助っ人容だ。(福介 / Yusuke Fukutani)

ソフトバンクに入団が決まったキューバ代表のジュリスベル・グラシアル【写真:福岡吉央】